読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バーテンダー 8 (ジャンプコミックス デラックス)

バーテンダー 8 (ジャンプコミックス デラックス)

バーテンダー 8 (ジャンプコミックス デラックス)

作家
長友健篩
城アラキ
出版社
集英社
発売日
2007-05-02
ISBN
9784088596389
amazonで購入する Kindle版を購入する

バーテンダー 8 (ジャンプコミックス デラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sonic

バーの照明が暗いのは、『お客様の涙を隠すため』。バーテンダーの本当の仕事は、お客様が扉を押して入って来た時より、出て行く時の方が…ほんの少しだけ幸福になっている。そのための仕事。弟子には二種類いる。『言うことをきちんと守るタイプ』、『いちいち反発するタイプ』どちらかに徹すれば、いいバーテンダーになれる。

2016/01/17

秋山真琴

グッと来るなあ。生み出されるもの、引き継がれるもの、受け継がれてゆくもの。物語が人間の葛藤であるならば、このシリーズが面白いのは、ドラマがあるからだろう。

2015/01/02

冬月

"自分が眠っていると気付いた人はその瞬間すでに半分目覚めている"誰でも本当は自分がどうしたいのか気づいているのかもしれませんね/最初からできないと諦めるよりできると信じて挫折したほうが自分の未来につながると思います

2012/06/05

ツキノ

イーデンホール閉店。いよいよホテルへ。

2011/05/26

雪野きずな

最初から出来ないと諦めるより出来ると信じて挫折した方が自分の未来につながると思います。 という佐々倉のセリフがあった。いいセリフだ。

2010/09/23

感想・レビューをもっと見る