読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

樹魔伝説 (ぶーけコミックス)

樹魔伝説 (ぶーけコミックス)

樹魔伝説 (ぶーけコミックス)

作家
水樹和佳
出版社
集英社
発売日
1980-12-15
ISBN
9784088600055
amazonで購入する

樹魔伝説 (ぶーけコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うろん

水樹さんの作品を初めて読んだのがこの本。復刊してくれないかなぁ。もうこの体の中にとどまっているのが辛いのは、名言。樹魔をもう一度読みたい。

2017/02/18

おかめいんこ

再読♪ 水樹さんを一番最初に知った作品。これも大好きだな。時代を経てもやっぱり良い作品です(^^)

2016/05/13

さとさとし

樹魔:時は未来、異常事態が発生した。南極で植物が驚異的なスピードで進化している。いずれ地球を飲み込むほどに… その植物の調査に向かうのが研究都市で作られた生命体である「イオ」。というSFな話。 主人公の特殊能力「瞑想」ってのがナイスアイディア。簡単に言うと一休さんのポクポクチーンなわけだが。 伝説: 樹魔の続き、話が論理的で面白い。 歴史がしっかりしてる。ちなみに第三次大戦は2030年勃発。スケールがデカい なるほど星雲賞の水樹和佳と思う。

2014/01/07

みーすけ

本棚の奥からの再読。樹魔をSFマンガを集めた雑誌で読んで興奮?したっけ。とても短い作品なのに、再生と進化と深すぎる。しかし、この頃のSFマンガのノスタルジー感が大好きだなあ。

2014/06/12

ロッキーのパパ

「幼年期の終わり」を読み終えたら、急にこの作品を思い出した。家にあるはずなんで、読み返してみよう。好きなマンガのベスト5に入る作品なんだけど、読んだことがある人は少ないんだろうな。文庫で再販されているはず。

感想・レビューをもっと見る