読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

月下の一群 (ぶーけコミックス)

月下の一群 (ぶーけコミックス)

月下の一群 (ぶーけコミックス)

作家
吉野朔実
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088600406
amazonで購入する Kindle版を購入する

月下の一群 (ぶーけコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

SY

大学生の頃、付き合っていた彼女が好きだというので読み、「ぶーけ」にも手を出した。フェミニンではあるがやや硬質な線画のタッチと控えめな情緒に魅了された。作者が亡くなったと聞いて再読。ページの隅々までゆっくりと鑑賞しながら日曜の午後一杯を安らかな気持ちですごすことが出来た。登場人物の心情の描写が良い意味で控えめで、作者は小説を書いてもさぞ上手かっただろう。僕は作家性とは含羞だ、という言葉を思い出す。合掌。

2017/05/04

てんぐのぐんて(瀬戸かもめ)

にぎやかで楽しかったです。絵も好きです。

2017/04/15

まやま

作者が亡くなったと聞いて再読。この話は好きだった。アフガンのゲリラ、この時代は、遠い国の出来事として考えられたよねー。アラビア語、私も大学の三語で取って初回の授業で挫折したっけ。同級生のマンガ好きな男の子とこのマンガの話もした気がする。。。

2016/05/03

龍國竣/リュウゴク

学園ものとして王道の、大学の合格発表から始まる。寮生が一つのコマの中で各々の台詞を喋るなど、些か混戦気味だが、賑やかというふうにもとれる。先生と生徒、そしてまた生徒という関係性もまた定番だが、主人公にも似た不思議要素が読む者を楽しませてくれる。

2013/01/09

to-ko

先生と結婚するのも、それもまた幸せ。っていうのが、ハチクロ?もっと書いてほしかったー(T-T)

2016/05/17

感想・レビューをもっと見る