読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アリスにお願い (ヤングユーコミックスワイド版)

アリスにお願い (ヤングユーコミックスワイド版)

アリスにお願い (ヤングユーコミックスワイド版)

作家
岩館真理子
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088640792
amazonで購入する Kindle版を購入する

アリスにお願い (ヤングユーコミックスワイド版) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

安南

ああ、そうか、ボーイミーツガールもの少女漫画では、いくえみ綾ではなく、岩館真理子を読んでいたのだな。いくえみ綾の漫画だと、不思議ちゃんなのは男子の方で、女の子の個性は描かれていなかった気がするが、岩館真理子の方は、男子の影は薄く、もっぱら女の子の我儘な可愛らしさが描かれていて好ましかった。こういう女の子同士の確執を描いても、清潔感があって、江國香織の小説にちょっと似ている。

2015/01/21

小鈴

9年ぶりの再読。岩館真理子の心理ミステリーの最高峰。完成度が高い。たった三回の連載で。無意識の意識を描かせたらピカイチ。 「少女」の怖さを描き出す。キャラクター達も曖昧な感情と記憶のなかで反芻して迷う。ゆらぎや問い直し。論理的な構成だけでは、この作品のようにたゆたう雰囲気は出せないだろう。90年の作品。この手の少女を描く作品は見られなくなった。明確に欲望して行動する少女マンガ作品が増えていく。

2018/09/30

小鈴

再読。たまたま通りかかったブックオフでワイド版が売っていたので購入。少女の残酷さ、怖さを描かせると岩館真理子にかなう人はなかなかいない。名作です。

2009/05/10

さとう

もう大分前にかったし処分する前に読み返そうか、と思って再読したら、素晴らしすぎてまた手放せなくなってしまった。残酷で傲慢で臆病で美しい少女たちのひめごと。

2011/12/22

はなちゃん

数多くの岩館作品を読んできましたが、このお話が一番好きです。 少女の可愛らしさ、はかなさ、繊細さ…そして残酷さ。すべてがこのお話の中に詰まっています。ラスト、参りました。

感想・レビューをもっと見る