読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天使のツラノカワ 4 (YOUNG YOUコミックス)

天使のツラノカワ 4 (YOUNG YOUコミックス)

天使のツラノカワ 4 (YOUNG YOUコミックス)

作家
一条ゆかり
出版社
集英社
発売日
2001-09-19
ISBN
9784088645575
amazonで購入する Kindle版を購入する

天使のツラノカワ 4 (YOUNG YOUコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十六夜(いざよい)

龍世とうまくいっているはずなのに紫生が気になって仕方ない美花。絶縁状態だった家族との橋渡しをしてくれた美花が気になる紫生。またまた乱れる四角関係。てか美花さん、龍世にまで紫生への好意を見抜かれてしまうなんてバレバレすぎる。最終巻で美花はどちらを選ぶのか。

2014/08/18

どあら

紫生君の家族のことが分かってきた。厳しそうなお父さんがクリスチャンなので、この巻は宗教のお話がチラホラ入ってる。

2013/12/09

神火

『恋も愛もあるから恋愛なのよ 片想いは恋だけだから不健康なのだよ』ってのは名言かな

2010/01/31

かあかだよん

.

2013/12/12

あるふぁ

さすがヒキの強さは神様への気持ちの強さか。龍生のみっともなさ爆裂。いやいやおっさん小僧相手に大人気なさすぎでしょ。とはいえ、それを引き出すミカがすごいんだけど。生身の人間すぎるな。他3人は人間の皮かぶったロボットに見えた。

2013/03/24

感想・レビューをもっと見る