読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハチミツとクローバー 2 (クイーンズコミックス)

ハチミツとクローバー 2 (クイーンズコミックス)

ハチミツとクローバー 2 (クイーンズコミックス)

作家
羽海野チカ
出版社
集英社
発売日
2002-08-19
ISBN
9784088650807
amazonで購入する

ハチミツとクローバー 2 (クイーンズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

ツイスターゲーム面白いな。思うに学生時代って青春の最後なのかなと思えるようになった。しかしみんなこんなに身近にいろんな経験し過ぎだな。

2019/11/07

ゼロ

全員でクローバーを探しているシーンを見ると、一つの最終回を見たように感じる。クローバーを見つけることはできなかったけど、クローバーを探したという思い出を見つけることはできた。ある意味、初期の段階から終わり方は想定していたのかもしれない。また山田と真山。真山への告白シーンは、キュンと来るのと同じくらい真山を好きになるなよ!って思ってしまう。なぜ、そんな奴が好きなの?って問いは愚問ですね。竹本くんの家族観が描かれましたが、彼のエピソードは弱い。故に周りの人のキャラが濃いだけに印象に残りません。

2020/03/11

しいたけ

クローバーを探して、見つからなくて、それだけで暗い気持ちになってた頃を頃を思い出す。みんなで探すって青春だなあ。

2020/05/26

あむ

切なかったり笑えたり…ハチクロ大好きです。

2014/02/11

あん

はぐみに対する竹本と森田の不器用な恋。そして真山と山田と理香のすれ違いの恋から目が離せません。悩み苦しみながら、ちょっとずつ成長していく彼らに共感しまくり。だって大人になると、だんだんと狡くなっちゃうから。

2016/12/27

感想・レビューをもっと見る