読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寿町美女御殿 2 (クイーンズコミックス)

寿町美女御殿 2 (クイーンズコミックス)

寿町美女御殿 2 (クイーンズコミックス)

作家
山下和美
出版社
集英社
発売日
2006-06-19
ISBN
9784088653464
amazonで購入する Kindle版を購入する

寿町美女御殿 2 (クイーンズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりもん

今回は優子の恋人の相手が登場。エリザベス達は相手がどんな人物なのか探るとIT企業ネクストドアの影の社長の田丸忍だった。そしてエリザベスの策略で田丸が下宿人になってしまった。また、今回今まで行方不明となっていたテイさんの夫でエリザベスの孫である省吾が見つかるが記憶を失っている間にモンゴルで結婚していた。記憶が戻り日本に戻ってきたが、結局テイが今の家庭を壊すなというようなことを言ってモンゴルに戻る。それにしてもたまに戻るミドリさんの気合いの顔に驚いた。

2011/05/26

あこさん

エリザベスが美しい、かっこよすぎる。こんなふうに人生楽しめたら素敵だなあ。「傘寿マリ子」のゴージャス版といったところか。このゴージャス感ナンセンス感でもまっすぐな愛に溢れたところが大好きなんだなあ。

2018/01/21

ちい

エリザベスさんが時々怖い顔するのが怖い。。

2017/06/03

Yoko Yamaguchi

何と言っても、エリザベスのアップがしわくちゃ過ぎてホラーだわ。

2014/10/16

Miss.W.Shadow

カオスな登場人物の背景説明に手いっぱいだった印象の一巻より確実に面白くなった二巻。一見ドタバタな喜劇に見せてせつない恋物語、じーんとくる人情話。2巻の中では、「おばあちゃん」ことテイの失踪した夫が見つかる話が泣かせる。下宿人・菅平が酔って大暴れして、崩れ落ちた公園のパオ、外に立っていたテイと夫が露わになって見つめ合うシーンの美しさ。家出しながらもつい家族に買っていこうとテイの頭からはなれない赤パンの可笑しさと温かさなど、この人らしい人間愛に満ちていて感動をくれる。男のいない家で生き残った「年季の入った」女

2010/05/12

感想・レビューをもっと見る