読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花に染む 1 (クイーンズコミックス)

花に染む 1 (クイーンズコミックス)

花に染む 1 (クイーンズコミックス)

作家
くらもちふさこ
出版社
集英社
発売日
2010-08-19
ISBN
9784088655970
amazonで購入する Kindle版を購入する

花に染む 1 (クイーンズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小梅@灯れ松明の火

実はくらもちふさこの作品を読むのは大学生以来だから、もう30年ぶり以上です。大学出てからは少女マンガから遠ざかっていたので、その後の少女マンガに疎かったのですが、くらもちふさこがいまだに新作を発表していると聞いて、本屋さんへ行ったらこのカヴァーが目に入りました。レコードの世界では昔「ジャケ買い」とゆうものがあって、博打のような感じで新しい未知のアーティストを発掘していましたが、この作品もまさに「ジャケ買い」。しかもタイトルがいい。題字もいい。ストーリィ自体もキャラ造型も私より年長の著者がここまで描くとは!

2011/04/11

さとまみ(コミックス&BL小説専用)

全巻読み放題。有難や。再読。

2018/02/13

星落秋風五丈原

絵が随分かわっててびっくりしました。無料立ち読み。

2017/10/13

まりもん

「駅から5分」の関連本と知りレンタル。あの優等生の陽大の過去話。雛とは本当の姉弟ではなかったことにビックリ。

2013/10/20

Romi@いつも心に太陽を!

「花に染む 心のいかで残りけむ 捨て果ててきと 思ふわが身にに」どうしてまだ、花を美しいと感じるのだろう。全ての執着を捨てたはずなのに。この表紙に射抜かれました。弓道、格好いいな。凛とした立ち姿。張りつめた空気。花乃の原点は流鏑馬の時の陽大(ハルト)で、原動力も彼。火事で家族を亡くし、音信不通になって数年。大切なものが欠けたままの花乃は「早気」に悩み・・・2巻へ。

2011/05/14

感想・レビューをもっと見る