読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちくたくぼんぼん 3 (クイーンズコミックス)

ちくたくぼんぼん 3 (クイーンズコミックス)

ちくたくぼんぼん 3 (クイーンズコミックス)

作家
勝田文
出版社
集英社
発売日
2011-12-19
ISBN
9784088656540
amazonで購入する Kindle版を購入する

ちくたくぼんぼん 3 (クイーンズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

キキハル

早く時計のねじを巻いて。あなたが持ってるその鍵で。世界も私も動かして。月も星も電気も全部くれるって言ったでしょ。さあ早くねじを巻いて。あなたを頂戴!昭和初期のレトロな風俗、恋物語。三五とイワの二人はようやく恋になったところ。月光浴びる屋根の上、二人は何を約束したのやら。病弱な三五は少年のようなロマンチスト。イワは振り回されつつも彼のことが大好きで。今回はイワのじい様登場。そして都一よ、女心の理解が足りないな。三五は好みだったのにもう最終回。もっと続いてほしかった。扉絵のイラストが物語を感じさせて大変良い。

2011/12/23

ビスケ

終わっちゃった。寂しい。勝田文の昭和初期漫画、面白かったし、可愛かった。小物や着物の模様を見ているだけでも幸せ……。三五は、勝田作品の中で一番好きな男性キャラかもしれない。マントだし。

2011/12/26

しちこ

イワがすっかり恋する女の子で可愛かったし、都一を権勢?する三五も可愛いかった。やや唐突な終わり方なのが少々残念だったが面白かった。3巻と言わずに、もうちょっと続けて欲しかったなあ。

2011/12/23

ムック

良かった~!終わるのは寂しいけど、とてもいいラストでした。細かいところまでキラキラしたものでいっぱいの素敵な作品で、イワの天然な純情や都一のいけずっぷりをワクワクしながら読みました。「僕は君のものだ」三五だから言える台詞だよな~三五とイワの日々が一日でも長く続きますように…。

2012/02/09

ぐっち

あ~終わってしまった。三五もイワも、ほんとに可愛いお話でしたね。私的には都一がけっこう好きです。

2011/12/24

感想・レビューをもっと見る