読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

桜姫華伝 12 (りぼんマスコットコミックス)

桜姫華伝 12 (りぼんマスコットコミックス)

桜姫華伝 12 (りぼんマスコットコミックス)

作家
種村有菜
出版社
集英社
発売日
2013-01-15
ISBN
9784088672441
amazonで購入する Kindle版を購入する

桜姫華伝 12 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紅羽

遂に完結。様々な伏線が明らかになり、クライマックスだとばかりに次々と桜姫の大切な人たちが消えていきます。そこから来世エンドになるのではと思ってましたが、予想を良い形で裏切る終わり方で感無量です。この作品は色々な人達の複雑な感情が錯綜して難しいものでしたが、それを上手く絵で表現されていたと思います。そういえばこの作品で種村先生がりぼんを卒業されるとの事。新しいフィールドでも変わらずに応援したいですし、これからも素敵な作品を楽しみにしています。

2013/01/21

モノノ

瑠璃条...なんて健気な子(T-T)そして大集合ですかw朝霧ぃ...みんなぁ...(T-T)そしてハッピーエンド!よかった!お幸せに!桜の髪色は見慣れないけど、それがまたいいですよね!これからの活躍も期待しまして、有菜っちも連載とりぼんお疲れ様でした!!!

2013/01/22

葉桜

桜姫と青葉が同じ時間を生きることが出来るようになり、よかったと思います。ちょっと急ぎ足のような気もしますが…。かぐや姫との対決の時、悲しい別れをした人達にまた会えたのは嬉しかったです。ですが、かぐや姫の最後はあっけなさ過ぎで物足りなかったです。そして連載もそうですが、りぼん卒業とのことで、今までお疲れ様でした。これからも一ファンとして、応援しています。

2013/01/31

とーちゃん

恋愛要素あるけど、少年漫画のようやった。大団円なのかな。終わり方がありなっちらしくて安心した。瑠璃条と槐が一番良かった。愛されてたんだ!ほんま良かった(^^)ありなっち、りぼん連載じゃなくなるのか。。一つの時代が終わったのかとおもうと悲しくなる。

2013/01/31

nagisa

一回全部読んだが、記憶が抜けてたので一巻から読み直しました。伏線とか細かい設定忘れてて…。でんは唯一の生存者だけど、不老不死なのか?月泉水が封じられたから効力は切れるのかな?どうだったんだろ…。最終話良かったと思います。桜の木から出てくるところは、かぐや姫ですね。ただちょっとKYOKOとかぶるかも。そして私は最後の最後で朱里に惚れた。好きだ…!!種村せんせ、りぼん卒業ですね。お疲れ様でした。最初は普通の恋愛モノ描いてましたし、マーガレットでの連載も楽しみです。

2013/01/20

感想・レビューをもっと見る