読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Honey Bitter 8 (りぼんマスコットコミックス)

Honey Bitter 8 (りぼんマスコットコミックス)

Honey Bitter 8 (りぼんマスコットコミックス)

作家
小花美穂
出版社
集英社
発売日
2013-04-15
ISBN
9784088672663
amazonで購入する Kindle版を購入する

Honey Bitter 8 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりもん

レンタル。圭ちゃんが事務所に顔出しして珠里に「嫁になってくれ」攻撃と面倒な人が増えた感じ。やっと珠里と陽太が上手くいったと思ったら予知もすごいことになって女性ホルモン恐るべし。

2014/03/05

蝶よ花You

この本の全巻を通して言える事。陽太の人間が大き過ぎる(笑)あれだけ大きな懐で待ち構えられては、さすがの主人公もおちますよね。慎重に、大切に育んだ愛情なので、末長く関係が続いて欲しいと思いますが、一筋縄ではいかないのが小花作品。何巻まで続いてくれるのかわかりませんが、ここから更に二転三転展開が変わっていくと思うと、先が待ち遠しくてたまりません。

2013/05/07

鷹の眼

【再読】前巻発売から結構経ってたから、1巻から一気読み! シュリも結構な勢いでリキを傷つけてるよなー...と。リキに原因があるけど、言い返さずに全部受け止めてるのは凄いよ、本当。根っからの暴れん坊なら確実にキレてる!シュリは全然成長しないなぁ。何度同じ誓いを立ててるんだか...。半歩進んで2歩下がってる感じがしちゃう。ヨータはシュリのトラウマ克服の噛ませ役で、最終的にリキとくっつくんじゃないのかなって思い始めてきてます。圭ちゃんがキャラ変わってまでも出てきたのはヨータに2人のことをバラす役が欲しかったから

2013/04/18

こと

ネタがなくなって圭ちゃん出してきたかと思えるような8巻です。ここでやっとシュリとヨータが結ばれました~ヨータはほんとにベタボレだな~っこの男逃したら二度とシュリは恋愛ができないと思うわ。リキは最初からずっと好きじゃなかったけど過去を聞いても好きになれないな~

2017/09/14

ako

自殺した例の男について何かわかるかと期待したけど進展なし。でも珠里と陽太の間は進展しました。良かった。圭ちゃんが遠慮なく心を読んでくるところはイラっとします。珠里と陽太を別れさせようとしているかのような発言にもイライラ。こんな奴に負けず、2人には愛を育んで欲しいです。やっぱり吏己との事は珠里の口から陽太に話した方がいいと思うな…

2015/06/17

感想・レビューをもっと見る