読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

屍鬼 9 (ジャンプコミックス)

屍鬼 9 (ジャンプコミックス)

屍鬼 9 (ジャンプコミックス)

作家
藤崎竜
小野不由美
出版社
集英社
発売日
2010-10-04
ISBN
9784088701219
amazonで購入する Kindle版を購入する

屍鬼 9 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nanasi

尾崎敏夫,室井清信編。激動。巻末に「フジリューの建物探訪」が収録されています。大川の親父が屍鬼にならなくて良かった。ただの人間なのに人狼並みに強い。

2013/06/19

とら

改めて藤崎さんの演出、作画の巧さに感心した。原作とは少し違うストーリーらしいけれど、これは良いコミカライズなのではないか。いずれ小野不由美さんの原作を読んで、相違点等を確かめたいです。肝心の今巻の内容は、なんというか今更なんですが、今巻はいつもよりさらにあっさり殺しすぎだろう。見てて嫌になるほどだった。もう、敏夫の方が屍鬼なのか桐敷の方が屍鬼なのかわからない位に、みんなの考えがおかしくなってる。これじゃあ、屍鬼を殲滅出来たところで少なからず悪い影響は残るんじゃないか。もう浸食は達成されているも同然。続く!

2012/03/27

藤月はな(灯れ松明の火)

ああ、遂に屍鬼虐殺編が始まってしまった・・・・TT千鶴があんなにひどい最後を迎えたことや仲がよかった家族のはずだったかおりが父親を殺すシーン、徹が自己嫌悪で一杯になりながらも律ちゃんに人を襲わせようとするシーンなどに人間が持ちうる業や異端の存在となったことによる孤独がひどく、悲しくて泣きたくなります。屍鬼も生きていて欲しいけど、やっぱり、無理なんでしょうか?静信が書いている小説に含まれた「自己と言う小さな存在と周りからの見方の違い」、「なぜ、自らを殺傷せしめたのか」という意味は深いです。

2010/10/05

佳蘋(よし)

尾崎先生あくどいな!やらなければやられる、的な展開。村の混沌。屍鬼が間違いなく悪だけど、人間のほうがどこまで善なんだろう。

2011/09/19

とんぼ

人間側の反撃開始。なんだけど、どうにも釈然としないね。静信に沙子を託した辰巳に、得体の知れない怖さだけがあった彼の印象がずいぶん変わった。読んでくうちに屍鬼側にも情が移っちゃって、もう人間にも屍鬼にも肩入れできないよ。続きが気になるー。けど既刊分はここまで。これからはリアルタイムで刊行を待たなきゃならないのか…。月刊なのが恨めしい(苦笑)。

2011/01/14

感想・レビューをもっと見る