読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

GATE7 1 (ジャンプコミックス)

GATE7 1 (ジャンプコミックス)

GATE7 1 (ジャンプコミックス)

作家
CLAMP
出版社
集英社
発売日
2011-06-03
ISBN
9784088702513
amazonで購入する

GATE7 1 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kanon

何だかんだできっちり読んだ事は無かったCLAMPさん。ツバサやホリック、CCさくらとかはホント、試し読みとかアニメとかで軽くおさえてるだけだったからなあ^^リアルタイムで刊行されているものを新品で購入していくことの喜びがあります。ということで肝心な内容は、まだまだ序章、って感じですね。舞台となっている京都は、つい最近行った所で、親近感があります。北野天満宮とか行ったなあwでも気になったのは、背景に写真使ってる?ってこと。まあ、でもいつもどおりのCLAMPクオリティは失われていませんね。美麗です!

2011/11/18

皐月

久々に読むCLAMPさんの作品。CLAMP節炸裂の京都が舞台の異能バトルもの。今回はまだ序章。「豊臣秀次」「明智光秀」などの実在の戦国武将が出て来来るよ。やっぱCLAMPの中でも「織田信長」=「第六天魔王」になるんだね。相変わらず戦闘シーンが上手い。キャラの名前も京都と所縁のある名前がつけられてるよ。はなの傍にいる二人の青年の名前は、紫宸殿(京都御所)にある「右近橘」「左近桜」から。

2019/01/24

まりもん

京都を舞台に戦国武将の名前の人物が登場したりして異形と戦う話。はなちゃんに振り回されるちかちゃんが面白い。

2012/04/20

桃水

2011/06/04:序章で終わった感じ。次巻以降に期待。 はなちゃん可愛い…けどどれだけ麺好きなんだ(笑)

2011/06/04

藤月はな(灯れ松明の火)

不思議な力、戦国武将、生まれ変わりというキーワードで「同じ出版元だからって雰囲気が炎の蜃気楼!?」と真っ先に思ってしまった私はただのかつくら馬鹿ですorz四月一日の通っていた学校名の登場や五行など他の作品と繋がる部分もあって嬉しいです。「人肌云々」の所に男色が入ればなお、美味しいと思いますが^^(←黙れ 怒)この本は麺類が美味しいお店も紹介しているため、京都に行きたくなりますし、夏休み頃に「精神のフルマラソン」とも言われている「炎の蜃気楼」シリーズの読破もしてみたくなりました。

2011/06/13

感想・レビューをもっと見る