読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

帝一の國 4 (ジャンプコミックス)

帝一の國 4 (ジャンプコミックス)

帝一の國 4 (ジャンプコミックス)

作家
古屋兎丸
出版社
集英社
発売日
2012-11-02
ISBN
9784088705439
amazonで購入する Kindle版を購入する

帝一の國 4 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カラシニコフ

ふんどし太鼓とか、誰得だよ(笑) ★★★☆☆

2017/05/24

流言

生きるとは何か? この作品のおかしみというのは、人生を重ねるほど自分に訴えてくる。自分の人生を賭すほど価値があるものが、他人にとってはなんの価値もない。そのために必死になる姿はいっそ滑稽でさえある。そのおかしみが笑いを生む。就職面接のような本来ならば笑うことが許されない、そんな緊張感のある学生生活が舞台であるからこそ、笑いをこらえることができない。同時に、美々子が思うように、帝一はそんなことをしなくても魅力的な人物なのに、という切なさもある。菊馬は狡猾な人物として描かれているが、合わせ鏡でもあるのだろう。

2019/04/14

ぐうぐう

いつの時代も、どこの世界でも、選挙とはお祭である。ゆえに、次期生徒会長選挙と海帝祭を同時に描くことは、おふざけでもなんでもなく、しごく真っ当な行為なのだ。そして選挙とは、謀りがまかり通るものだ。だからこそ、潔癖な大鷹弾ではなく、謀りに奔走する赤場帝一が主人公と成り得ることを許している。いや、主人公であるべきなのだ。

2012/11/09

ひかり

あっこれは森園と弾勝利の流れだわ……ミミ子も危うい。今の帝一はちょっと魅力に欠けるもんな。にしても氷室先輩がほとんどふんどしだった。この漫画誰向けなんだw

2017/08/13

Tommy

弾君が…!弾君が!遂に闘いの決心を!うわ〜、面白くなって来た。弾君はやっぱ良いやつだな〜。しかし、今回は菊馬の姑息さがあまりなくて残念。次巻に期待!そして、終始ドシフン姿のローランド先輩が…。流石でしたww

2012/12/27

感想・レビューをもっと見る