読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス)

作家
荒木飛呂彦
出版社
集英社
発売日
2013-10-18
ISBN
9784088708300
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かにひろ

ひさびさのジョジョ!よくわからなかったカツアゲロードが、まさかここに繋がるとは。SBRとの絡みが多くてワクワク。「勝ったのはオレです。あ…もう1度たっぷり言わせていただきます。勝ったのは…オレです!たっぷり!」ドンッババン!定助のジョジョ立ち、そこに痺れる憧れるゥ。クリップのあめんボ作りたい。ネジのスタンド、ナットキングコールかっこいいなぁ。ジョニィの死のストーリーはなんともやるせない。ジョースター地蔵になって見守ってんだなぁと感慨にふけった次のページで自分のヒジを舐めて達成感を味わう康穂。謎が謎を呼ぶ。

2014/02/10

HIRO1970

⭐️⭐️⭐️

2014/07/04

645

カツアゲロードの現象が、ジョニィの能力の名残だという発想が面白い。スタンド能力の概念も徐々に変化していると感じる。今回、“聖なる遺体”が登場し話はより複雑に。ジョニィの最期は物悲しいな。彼も愛する者の為には自覚的に間違いを犯し死に至る。そして、また“血統”の繋がりが新たな謎を生み奇妙な戦いへと…。明確な敵が未だ現れていない不気味さが漂う中、康穂と常秀はスタンド能力に目覚めた。二本松に流れ着いた幼児の謎と康穂の手を掴む人物の正体、気になる点が増える一方で困る(笑)四部・SBR・現実世界…繋がりが面白い。

2013/11/22

財布にジャック

スティールボールランをさらっとでも読んでおいて良かったと思わせる巻でした。今までになくミステリータッチなので、バラバラに読むよりも全巻揃えて一気読みしたほうが面白さが倍増しそうです。

2013/10/21

カツアゲロード嫌な場所だなー。ジョニィのその後など七部からの繋がりもあって、いろいろ驚きだった。

2014/02/10

感想・レビューをもっと見る