読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

暗殺教室 7 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 7 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 7 (ジャンプコミックス)

作家
松井優征
出版社
集英社
発売日
2013-12-27
ISBN
9784088708546
amazonで購入する Kindle版を購入する

暗殺教室 7 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紫光日

今回から夏期講習に突入。講習中にトラブルがあり、その後山頂の普久間ホテルまで生徒は登らないと。本当に殺せんせーを無事に暗殺できるかが不安になってきた(o-o)

2014/01/23

mitei

試験もそこそこにいよいよ先生暗殺開始。上手く行きそうだったのにまた別のトラブルと忙しいなぁ。

2016/04/03

エンブレムT

トンデモ設定でコーティングしてコメディとして読ませておきながら、伝わってくるのは真摯な何か。ギャグとシリアスを混ぜエロ要素も軽くまぶした配分は少年誌として絶妙ですし、松井さんて本当に巧い方なんだなぁと思いました。「負ける」ということに対して、恥ずかしがらせ赤面させる方向でうぬぼれた心を折る殺せんせーと、屈辱で青ざめさせる方向で心を折る理事長。似て異なる言動は「伸ばすため」と「分をわきまえさせるため」という対極な位置を明確にしてて、思わず唸ってしまいました。次巻は烏間先生とビッチ先生が出張るのかな。楽しみ♪

2014/03/17

らったった

これは行ける!と思ったんですが、さすが殺せんせー(^_^;)生徒の団結力が次第に固くなってきました。え、もう最終回って近いのかな。だとしたら非常に残念です(>_<)もっと続けてほしいですね(*^^*)

2013/12/28

みか

生徒たち、順調に成長してます。本当の敵にも立ち向かいながら先生暗殺を模索するところは、並のエリートたちよりすごいんじゃないかと思わせたり。しかし、ことを為した後、彼らは一体そんな将来を迎えるんだろう。普通の世の中には埋没出来ないんじゃないかと心配になる。余計なお世話だけど。ただ、うっかり先生が暗殺出来ちゃったら、どうするんだろう。これも余計なお世話だけど。

2013/12/29

感想・レビューをもっと見る