読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

作家
荒木飛呂彦
出版社
集英社
発売日
2013-11-19
ISBN
9784088708720
amazonで購入する Kindle版を購入する

「岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)」の関連記事

『岸辺露伴は動かない』新作エピソードにファン大興奮「荒木先生はやっぱりすごい」

『週刊少年ジャンプ』13号(集英社)

 2018年2月26日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』13号に、『岸辺露伴は動かない』の最新エピソードがセンターカラーで掲載された。荒木飛呂彦の描く人気シリーズの新作に、「『岸辺露伴は動かない』読むためにジャンプ買ってきた!」「相変わらず天才的な作品としか言えない」「久しぶりに新作が読めるの嬉しすぎる!!」と大興奮の声が上がっている。

同作は、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第4部にあたる『ダイヤモンドは砕けない』に登場する天才漫画家・岸辺露伴を主人公とした短編作品。好奇心にあふれ、漫画家として常にリアリティを追及する露伴が、取材先などで体験する恐怖やスリルに満ちたエピソードが描かれている。『ジャンプ』1997年30号に掲載された「エピソード#16 懺悔室」をスタートに、現在までに8つの短編が発表され、2013 年にはその内の5編を収録したコミックス第1巻が刊行された。

 今回の『ジャンプ』では新作となるエピソード10「ザ・ラン」が全48ページにわたって掲載。露伴がスポーツジムでとある秘密を持った男と出会い、奇…

2018/3/3

全文を読む

関連記事をもっと見る

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

ジョジョ本編と比べると激しいドラマ展開が無いだけに趣向の奇怪さが際立つ。異常な現象にスタンド能力が関与しないのも不安感がある。怪異ホラー漫画としてとても面白い。岸辺露伴のキャラクターも後半のエピソードになるほど活かせていたと思うしもっと読みたくなる。満腹感があるのに物足りないという贅沢な気持ちになってしまった。もう一冊露伴本があるので高いけど買いたい気分。

2014/03/27

❁かな❁

めちゃくちゃ良かったです‼︎ジョジョ第4部のキャラクターの岸部露伴のスピンオフ★編集部の方にスピンオフは禁止と言われていたのにスピンオフを描いてしまう荒木先生もう最高〜(笑)5編の短編集!夏にぴったりでホラーテイストもあり、それぞれのお話が面白かったです‼︎タイトルが『岸部露伴は動かない』なのにめっちゃ動いてます(´艸`*)岸部露伴いいキャラでリアクションも面白く台詞もいいですね〜♪「岸部露伴グッチへ行く」は露伴のグッチのファッションもポーズもモードでオシャレで素敵♡表紙も好み*とっても楽しめました♡

2016/07/19

17

JOJO第4部のスピンオフ作品。『密漁海岸』では、トニオ・トラサルディも登場します。ほか『懺悔室』『六壁坂』『富豪村』『岸辺露伴 グッチへ行く』。『懺悔室』は1997年の作品だそうです。全然古くなってないですね。

2013/11/19

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

動かないどころか、日本を飛び出して世界まで動いてますけどというツッコミはともかくとして、主人公とは思えないこのひねくれた性格が好きです。今後も年一作くらいずつで良いので短編を発表していってもらいたいですね。

2013/12/07

645

岸辺露伴の短編を単行本化、これは有り難い。それにしても、この“岸辺露伴”という男の魅力は他の追随を許さないですね。彼の信念・行動力が話の幅を限りなく広げていると思います。スタンド能力に関しても人気ナンバーワンと言って良い程の使い勝手の良さ(笑)誰でも一度は使ってみたい!個人的には、六壁坂の話が一番好きかなぁ。奇妙な現象と窮地から脱する閃きの書き分けが其々違っていて面白い。何処に鮑に襲われる漫画家の話を描く奴がいるか!(笑)岸辺露伴が持つ探究心は荒木飛呂彦の漫画への姿勢そのものだと感じる面白い内容だった。

2014/01/02

感想・レビューをもっと見る