読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)

作家
冨樫義博
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088713366
amazonで購入する Kindle版を購入する

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

じょり

Kindleにて 単行本が実家の片付けで出てきたけどカビ臭く広げられず再読できず。検索したらKindleにあったので即買い。懐かしいの一言に尽きるし、感動的な話がうまいなーと思う。あの話で骨肉腫を知った。紙は保管状態で劣化してしまうので、昔の本もこうやって読めるのは有難い。著者の描く女性は可愛らしいのよね。

2021/08/09

アヤコ

これらの話をリアルタイムで読んだ人がいずれ幽遊白書やハンターハンターを生む大作家になると想像できた人がいるのだろうか。絵は今よりずっと下手だけどトーンは昔の方が丁寧にはってるんだな・・と。ゲームの中にもぐりこむ話はグリードアイランドの原点を見た気がした。

2013/04/22

ぽち子

デビュー作から冨樫臭漂ってるw昔は劇画調だったのね。一つ一つのコマの描きこみがすごくて冨樫の若さを感じました。

2012/01/27

yin

後の名作達に繋がるようなエッセンスが詰まってる最初期の短編集。ストーリーは、どれもありがちな様でありながら、キャラが立っていて面白い。絵もやっぱり上手い。作者自身も各話に対する思い入れが強いらしく、それぞれに本人解説がついているという、最近のスタンスとのギャップも面白い。

2019/08/12

よよまんが

RPGの世界が結びつく展開おもしろいなー

2017/12/30

感想・レビューをもっと見る