読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス)

作家
冨樫義博
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088713366
amazonで購入する Kindle版を購入する

狼なんて怖くない!!―冨樫義博短編集1 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いの

後の名作達に繋がるようなエッセンスが詰まってる最初期の短編集。ストーリーは、どれもありがちな様でありながら、キャラが立っていて面白い。絵もやっぱり上手い。作者自身も各話に対する思い入れが強いらしく、それぞれに本人解説がついているという、最近のスタンスとのギャップも面白い。

2019/08/12

よよまんが

RPGの世界が結びつく展開おもしろいなー

2017/12/30

sanzi24

アマゾン投売りセールで購入。 絵は昔のものだけど、線とかクリアーでやっぱりきれいだな、と思ったり。 少年探偵団とか、ゲームに入り込む設定とかオオカミ人間とか見ていると後の「幽白」「レベルE」とかにもつながっているな、と思ったり。 作者が美術系の学校にいたことと、入賞したときの賞金目当てで応募したこと、借金があってそれを返すために仕事してたのをこれで知って、 「金のために働いていたのが作品ヒットしてしまってモチベーションが減ってしまったから、休載続きになったのかなあ…」と思ってしまったり。

2017/06/04

アヤコ

これらの話をリアルタイムで読んだ人がいずれ幽遊白書やハンターハンターを生む大作家になると想像できた人がいるのだろうか。絵は今よりずっと下手だけどトーンは昔の方が丁寧にはってるんだな・・と。ゲームの中にもぐりこむ話はグリードアイランドの原点を見た気がした。

2013/04/22

ぽち子

デビュー作から冨樫臭漂ってるw昔は劇画調だったのね。一つ一つのコマの描きこみがすごくて冨樫の若さを感じました。

2012/01/27

感想・レビューをもっと見る