読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花の慶次―雲のかなたに (5) (ジャンプ・コミックス)

花の慶次―雲のかなたに (5) (ジャンプ・コミックス)

花の慶次―雲のかなたに (5) (ジャンプ・コミックス)

作家
隆慶一郎
原哲夫
麻生未央
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088714257
amazonで購入する

花の慶次―雲のかなたに (5) (ジャンプ・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まふぃー

君主たるものうかつに家臣に本音を見せれば それだけで家臣を殺すことになる。

2020/04/21

コウメ

友情って言うのは前田慶次と助右衛門のことを言うんやな

2019/03/19

Nowhereman

この巻の最大の見どころは、最高権力者の豊臣秀吉相手に傾いてみせる最後の一コマだろうね。なぜ、髷を横に結っていたのか頓智が利いている。

2015/04/08

かばこ

親友の奥村助右衛門、再び。慶次との絆をこれでもかと見せ付けて、退場。

2009/12/16

shirokuma007

死んだ魚は水をはねない 誰も水にぬれなくてすむ 殺るんだよ秀吉を!!

2009/03/19

感想・レビューをもっと見る