読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 3 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 3 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 3 (ジャンプコミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
1991-07-10
ISBN
9784088716138
amazonで購入する

SLAM DUNK 3 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

桜木花道は超単純でポシディブ。庶民シュート(レイアップシュート)が入らずにイライラする。流川から教えてもらう立場にいるのに、手が滑ったとボールをぶつける始末。野蛮ではあるが、一生懸命さを感じる。晴子との朝練を経て、上機嫌となり、シュートのコツを掴む。陵南との練習試合とのことで、ゴリからリバウンドの指導を受ける。なんだかんだで基礎練習をしっかりしているので、成長が早い。遂に試合となり、仙道や魚住など実力のある選手と対面。秘密兵器となった桜木は、試合に出場させてもらうことがあるのか。

2017/10/30

グレ

layup shotを教えてくれる流川に嫌がらせをする桜木、やり返す流川に卑怯な手で応戦する花道……結局ケンカになりそうなところを一喝した赤木キャプテンが、理不尽にも檻の中のゴリラにww ろくでなしBLUESもそうだが、シリアス一辺倒になる前の初期の頃ってかなり笑わせてくれるよな。…出たァ!原チャリ4人乗りッッ。そう、いよいよ初試合・陵南戦。こらあ次巻はシリアスにならざるを得んよなあ。。

2020/01/25

s-kozy

晴子さんがかわいい。レイアップシュートの極意、「おいてくる」が登場。この二点がこの漫画を傑作にした由縁ではなかろうか。

2018/02/07

皐月

陵南と練習試合編。新キャラ彦一、巨漢の魚住、アイドルのような仙道が登場。桜木は、地道な基礎練習からステップアップしてシュート練習になったけど、それでもスラムダンクがしたい桜木。ドリブルシュートさえまともに出来ないど素人の桜木はドリブルシュートの特訓することに。庶民シュートが後の展開で重要な役割を果たす。文句言いながらも桜木は努力家だな。桜木はスポンジのように吸収するのが普通の人よりも早い。ゴリの名言「リバウンドを制する者は、試合を制する」

2016/06/02

greenish 🌿

(再読)庶民のシュートは難しい---庶民のシュートを無事マスターした花道くん。地味だけど基本ですからね。 でた!陵南・相田くんの「要チェックや!」

2014/04/18

感想・レビューをもっと見る