読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 10 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 10 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 10 (ジャンプコミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
1992-12-02
ISBN
9784088716206
amazonで購入する

SLAM DUNK 10 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

翔陽戦。今年の湘北は、これまでの湘北と違う。あの桜木花道が、手を出すのが早いがバスケマンとして開花していなかったが、翔陽戦を通してリバウンド王として活躍する。地味ながらも大切なポジションだ。流川は、個人プレイをしているようで、周りをよく見てる。一年生なのに、天才である。ゴリは、堅くなりながらも身長を活かしてプレイ。リョータは速攻、ミッちゃんは切れ味が凄い。どんどんと後半になるに連れ、テンションが上がっていくのが分かり、読んでいて面白い。そして藤真が試合に。ここからどうなるのか楽しみだ。

2018/05/04

皐月

翔陽編。スタンドが観客で埋まる大会5日目、湘北高は第2シード・翔陽高とあたった。優勝候補2番手の翔陽との闘い。リョーちんのスピード、ミッチーの3Pシュート、桜木のリバウンドが湘北の最大の武器になる。海南と陵南が見ている状況で翔陽を本気にさせてしまた湘北は、翔陽の選手兼監督の藤真を引っ張り出してしまった。どうなる湘北…。花形が花道の瞬発力に初めて気づいた。みんな花道の人間ばなれした瞬発力に驚くんだよね。花道のリバウンド本領発揮!藤真がかっこいい

2016/06/08

あーさん★転スラ、ヴェルドラ復活で興奮中(ㆁωㆁ*)

再読。名前が武将っぽくなってきた( ̄~ ̄;)

2019/02/11

グレ

県2位のseeded校相手に皆ガチガチに緊張。。三井なんて気持ちもウンチもカッチカチになっちまって便所に籠もり中に、見も知らぬ名無しの選手からディスられ危うくグレてた時代に後戻り。そしてあのゴリ主将ですらアガッちょるなか、その局面を打破したのはアイツだった!! you頼もしいぜッッ。身長でナメられがちな■■も皆の度肝を抜くプレイを見せ、我らがファウル王も一皮剥けて念願のRBD王に。イケイケムードが俄然高まるも、ついに敵のボスが腰を上げ……。«クローズ»編(笑)も一段落し、いよいよバスケ一辺倒になるのか!?

2020/01/29

exsoy

既読・再読。やっぱり藤真イケメンだわ…

2015/01/31

感想・レビューをもっと見る