読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

電影少女 4 (ジャンプコミックス)

電影少女 4 (ジャンプコミックス)

電影少女 4 (ジャンプコミックス)

作家
桂正和
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088718040
amazonで購入する

電影少女 4 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むきめい(規制)

そっちにもビデオガールが。

2017/01/17

阿輸迦

大胆すぎるぜ、伸子ちゃん。でも、高校生の頃、こんな娘が自分の傍に居てくれたなら・・・なんて妄想する。

2013/11/03

HIRO1970

☆☆☆

2006/12/01

こた。

クラシック音楽は、第一章で曲の全ての主題を簡単にお披露目する。この曲はこういった要素で作られてるんだ!と聴衆に聞かせる。その後、第二章で第一主題を展開し、第三章で第二章主題を展開・・・といった形で楽曲は進行し、最終章で全ての主題がうねり合い、曲を締めくくる。電影少女を読んでいるとこんなことを思い出した。つまり、著者が描きたかったことは、本当は一巻に集約されていて、その要素要素を各巻で展開させている。なんとなく、各巻でテーマがある様な気がする。なお、こう言った評論ちっくな感想は友達にしてはいけない。(笑)

2011/08/20

クワガタ

ヨータは優柔不断に見えるけど、実際辛いですよね。それでも真摯に向き合おうと努力する姿勢は尊敬できる。そして、あいちゃん可愛い。

2015/04/09

感想・レビューをもっと見る