読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔神冒険譚ランプ・ランプ 2 (ジャンプコミックス)

魔神冒険譚ランプ・ランプ 2 (ジャンプコミックス)

魔神冒険譚ランプ・ランプ 2 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
泉藤進
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088718620
amazonで購入する

魔神冒険譚ランプ・ランプ 2 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぱんなこった

親友決着から都到着、アラビアンゲート解放までを収録。突如挟まるギャグ、ステージ式バトル、いきなり万能フラグなヒゲの機能、突然の謎パワーと超展開が続くも当時の少年誌らしさが懐かしい。巻数都合やや飛ばし気味なのだが作品的にランプのイメージと合っていて幸い。個人的にランプの放つ単純明快で実も蓋もない必殺技名が勢い良くていい。

2015/06/18

moyu

昔っぽいアクションギャグマンガ。ヒゲがヒゲヒゲ言っておる・・・ アラビアンゲートとか展開が唐突過ぎるのは気のせい? ドゴーンからドギューンへ。

2009/02/15

yujitan

千眼魔神は女子なのかしら…と思っていた当時。アラビアンゲートとか魔神の書き方がアメコミっぽいなぁと思う第二巻。

2009/01/20

佳蘋(よし)

再読

zhi_ze

本当に王道のジャンプ漫画。僕はかなり楽しめている。欲を言えば、敵の魔神との対決がひたすらに必殺技をぶつけ合うだけの展開なので、能力バトル的な理屈がつけば、もっと面白くなりそう。それにしても、この時点で小幡健の絵は完成されてるな。

2012/04/08

感想・レビューをもっと見る