読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明稜帝梧桐勢十郎 (2) (ジャンプ・コミックス)

明稜帝梧桐勢十郎 (2) (ジャンプ・コミックス)

明稜帝梧桐勢十郎 (2) (ジャンプ・コミックス)

作家
かずはじめ
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088725789
amazonで購入する

明稜帝梧桐勢十郎 (2) (ジャンプ・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

読み人知らず

肉登場。高木真由は結構好きなキャラでしたよ^^少女マンガの主人公みたいなかわいらしさ^^ヤツキくんの陰険さがいいな^^

2010/11/17

ジョニサン

2巻になっても勢十郎の拳は止まらないwwほんとに生徒会長こいつでイーのか!?w 生徒会に役員犬「肉」(名前が肉てwww)が加わる。とりあえず「殴るシーン」がない話はないねwwでも、きちんと意味のあることになってんだからスゴイわ。暴力はどうかと思うが、人間のできた奴だと思う。幼少の頃や他者が聞いてよっぽどな出来事など体験してる人は同じもしくはそれ以上に人の事を想える。それを不器用ながらに体現してるからこそ、生徒会長は勢十郎で成り立ってるんだと思う。四天王の二人目「八樹 宗長」も登場。

2012/05/30

ハマ

漫画再読記録編1696 どんどんキャラ増えてきた…

2016/05/22

佳蘋(よし)

再読

sattin

ブルテリアの肉がリアルで可愛かった。相変わらず滅茶苦茶だけど結果的に筋が通ってる采配が不思議ー。

2011/05/29

感想・レビューをもっと見る