読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

HUNTER X HUNTER10 (ジャンプコミックス)

HUNTER X HUNTER10 (ジャンプコミックス)

HUNTER X HUNTER10 (ジャンプコミックス)

作家
冨樫義博
出版社
集英社
発売日
2000-11-02
ISBN
9784088730219
amazonで購入する Kindle版を購入する

HUNTER X HUNTER10 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

オークションの蘊蓄など全く冒険要素のない部分なのにたいへん面白く本当に活劇だけに頼ってない漫画だと感心する。

2012/08/02

kanon

第十巻『九月三日』。オークションで金を集めろ!ということで金目になりそうなものを買って高く売ろうという作戦。え、高そうなものは念でオーラ見えるの?w念能力者は全員出来るってことになる...。なんかずるいなあwでも念能力者はめちゃくちゃ多くはないらしい。やっぱり選ばれたものしかいない狭い世界でゴン達は戦ってるんだなあ。高い物は見つけられても、売る技術が無い!ということでゼパイル登場。この豆知識もなかなか面白い。で、競りでしか使えないと思ったら戦いに応用する!今見ると伏線ばかりだ。第十一巻『九月四日』に続く━

2012/12/15

HIRO1970

⭐️⭐️⭐️

2014/10/04

いおむ

再読ー!《蜘蛛》のメンバーの実力がビリビリ伝わる緊張感がたまりません!!

2021/01/14

ゼロ

幻影旅団のキャラクターが立っていて面白い。ノブナガは仲間思いな部分もあり、単純バカにも笑う。人情があるように見える。ちょっと可愛く見える。マチは可愛いです。もっと出して下さい。クラピカだけではなく、ゴンたちも幻影旅団に接触!当然、バトルになるんだけど、単純な力勝負ではない。頭を使ったり、心を使ったりと見ていて飽きない。ゴンは人のために強くなれる。強くなれる故に危ういのもわかる。善悪ではなく好奇心で動いてるから。ゼパイルとのやりとりも良かった。競売、一つを取っても技ってたくさんあるんだね。

2013/04/17

感想・レビューをもっと見る