読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヒカルの碁 14 (ジャンプコミックス)

ヒカルの碁 14 (ジャンプコミックス)

ヒカルの碁 14 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
ほったゆみ
出版社
集英社
発売日
2001-10-04
ISBN
9784088731698
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヒカルの碁 14 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

皐月

碁を極めんとする者同士、佐為と塔矢名人によるネット碁がいよいよ決着の時を迎える。神の一手に近づいたのは、果たしてどちらの天才棋士か!?頂上決戦は中盤の妙手で佐為の勝利と決まり、念願の強敵相手に満足する佐為。直後の検討でヒカルは行洋の微妙なミスを発見し、佐為が負けていた可能性をあると指摘される。佐為は、ヒカルの指摘が自らの構想を上回っていることを認識し、「亡霊として1000年存在してきたのは『この一局をヒカルに見せるためだった』」こと、ようやく千年も長らえさせた理由に辿り着くと同時に、

2021/03/22

nanasi

sai vs toya koyo。ヒカルの5服は気づかなかった。塔矢行洋名人引退。ヒカル対倉田六段(一色碁)。巻末に番外編としておごって♡和谷くん!が収録されています。今 わかった。神は この一局をヒカルに見せるため 私に千年の時を長らえさせたのだ。

2013/04/10

kanon

十四巻『sai vs toya koyo』。一手一手惜しむことなく最善を、いや限界を越えて打ち合う本気の碁。これがネットで出来る碁なのか。それに、内容も絵もいつもより光ってるような気がする。これ以上の演出はこれから先に出来ないだろうというくらいに。こんな一局を見ようと、自然とネットのとあるサイトに集まってくる猛者たち。本当に凄い。勝っても負けても満足のものになるだろう。搭矢行洋はしっかり言ったことを守るわけだが。”神はこの一局をヒカルに見せるために私に千年の時を長らえさせたのだ”十五巻『さよなら』に続く━

2012/10/29

ぐっち

蔵書再読。sai vs toya yoko、前巻に続けてかっこよすぎる。この対局が一番好きです。小畑画伯の絵が冴えまくってますね。佐為ばかりじゃなく、緒方九段がどんどんイケメンに~。そして…「今、わかった」…ああ~来ちゃった、来ちゃったよ、このシーンが!このあとを知っているだけに…つらすぎる。

2013/06/08

kagetrasama-aoi(葵・橘)

「ヒカルの碁」第十四巻。佐為と塔矢名人との勝敗は……さておき、佐為がこの世に蘇った理由が暗示されていたのが興味深かったです。緒方先生の熱さも好き♡倉田さんも面白いキャラクター!脇を固める人たちが魅力的なのも「ヒカルの碁」の面白さの要因の一つですよね!

2019/03/26

感想・レビューをもっと見る