読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ライジングインパクト 14 (ジャンプコミックス)

ライジングインパクト 14 (ジャンプコミックス)

ライジングインパクト 14 (ジャンプコミックス)

作家
鈴木央
出版社
集英社
発売日
2002-02-04
ISBN
9784088732213
amazonで購入する

ライジングインパクト 14 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

3.5 再読。帰国したキャメ校のメンバーの前に現れる須賀川紅葉と、その背後にあるグラール・キングダムなる組織。須賀川は黒峰に求愛するが、黒峰は東堂院に試練を課す。もう一人のグラール生六条はライザーに挑発を繰り返し、メンタルを壊しにいく。グラール・キングダムの目的はガウェインとランスロットとトリスタンの引き抜き。つまり、ギフト持ちを集めることだろうか?とすると、この三人以外にも次々とギフト持ちが現れるのだろうか。もうこの辺全然覚えてない。

2020/01/27

ハマ

漫画再読記録編1772 須賀川と六条登場!! 新たな歴史グラール=キングダムの時代とは…!?

2016/06/13

sababanana

長髪モリモリマッチョ……嫌ではないけど濃い(笑)

2015/03/13

ヴェロニカ

★★★★

2012/08/12

何事にも全力で

リーベル株爆上げ来る~!?紅葉はバッチョ先生が言ってるほど自分は嫌いじゃないけど、六条、お前は駄目だ。

2013/01/03

感想・レビューをもっと見る