読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

テニスの王子様 13 (ジャンプコミックス)

テニスの王子様 13 (ジャンプコミックス)

テニスの王子様 13 (ジャンプコミックス)

作家
許斐剛
出版社
集英社
発売日
2002-04-04
ISBN
9784088732473
amazonで購入する Kindle版を購入する

テニスの王子様 13 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蝶よ花You

色んなところで色んな人が「残念無念 まった来週ー!!」ですね(笑)

2015/02/01

たべもも

★★★★☆。リョーマVS阿久津。恐ろしいまでの悪役キャラで終わった阿久津。リョーマもかなり生意気なのでどっこいどっこいか。そして関東大会レギュラー決定ランキング戦。乾先輩キター!

2015/02/24

りりす

再読。亜久津嫌いじゃないな。しかし「グレる」って微妙に死語っぽくて可笑しさがある。亜久津(中3)お母さん33歳。ヤンキーは何故にそんな早期出産したがるのか。しかし個人的13巻見どころは「当然だろ なあ樺地!」です。跡部様楽しそうだ。というか得意そうだ。王様と従者の代替不可の関係。王様の見せる無意識の信頼と安心がその台詞に込められている。その唯一性がきらきらしている。

2015/03/31

にゃんまげこ

リョーマくん覚醒!面白かったです。

2017/06/10

MERLI

越前VS亜久津の試合はは意地と勇気のぶつかり合いだった、果敢に攻める越前、それを力と身体能力で跳ね返す亜久津…一歩も譲らない試合は辛くも越前が勝利、亜久津の心にも何か熱いモノが芽生えたらしい-。どうにもね、この越前VS亜久津の試合ってミュージカルの方を思い出してしまう…。俗に言う「空耳ミュージカル」というヤツです、気になる方は動画サイトへGO!

2019/05/13

感想・レビューをもっと見る