読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ONE PIECE 41 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 41 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 41 (ジャンプコミックス)

作家
尾田栄一郎
出版社
集英社
発売日
2006-04-04
ISBN
9784088740478
amazonで購入する Kindle版を購入する

ONE PIECE 41 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

表紙の子どものロビンの可愛らしい笑顔からそんなことになるとは・・・泣けてきた。また笑顔になってほしいな。ルフィーがここぞというときに締めるいいやつだな。

2014/06/02

wata

ロビンさんの過去が辛すぎる。必死に生きてきたんだね、でも疲れるよね。ルフィ達に出会えて良かった(TT)ドドォーンと城壁の上に揃った彼等がカッコいい「あとは俺たちに任せろ!」

2015/09/30

エンブレムT

幼い子供が望むまでもなく手にしているものを、何一つ与えられず育ってきたロビン。「いつか手をつないでもらって一緒に歩いてほしい」小さな彼女が母に伝えたかった本当にささやかな望みを知った時、涙腺が決壊してしまいました。「もう・・・1人にしないで」彼女の心からの叫びをかき消す、正義という名の暴力。チカラを持ちすぎた正義はどこに向かっているのだろう。真っ当な努力をする人々を一瞬にして吹き飛ばすバスターコールには、ひたすら戦慄です。ロビンがルフィ達と出会えて本当に良かった。

2011/03/28

皐月

宣戦布告!!ニコ・ロビンの過去。ロビンの故郷オハラでの殲滅作戦…酷過ぎる。故郷や大切な人達が皆、理不尽な理由で世界政府に滅ぼされてしまい、自身もお尋ね者となり、20年逃げ続けてきたロビン…。世界政府が隠そうとする空白の100年が気になる。「もう死にたい」と言うロビンへのルフィの「死ぬとか何とか...何言っても構わねエからよ‼︎ そういう事はお前...おれ達のそばで言え‼︎‼︎」ロビンがルフィ達に出会えて本当に良かった。

2016/08/13

exsoy

作者は女性の泣き顔懇願フェチなのかなってちょっと思った。

2017/08/30

感想・レビューをもっと見る