読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

テニスの王子様 34 (ジャンプコミックス)

テニスの王子様 34 (ジャンプコミックス)

テニスの王子様 34 (ジャンプコミックス)

作家
許斐剛
出版社
集英社
発売日
2006-07-04
ISBN
9784088741284
amazonで購入する Kindle版を購入する

テニスの王子様 34 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りりす

・「ハァーハッハッ!!」この時この場にいた人間でドン引いてない人居たんでしょうか・「負けたら坊主になってやるよ」あぁぁ、滅多なこと言うんじゃないよ…・パーカー跡部の胸元が開いてるのを見て思ったんですが、男の人って胸(乳房)なくて良いですね、さぞかし楽なんでしょうね(テニプリ関係ない)

2015/05/28

たべもも

★★★★☆。黄金ペアついに『同調』!ってなんだそれ。同調した二人は妖精のようでした。ゲームの終わり方、仲の良さを強調されたぜ。そして最終戦リョーマVS跡部様。相変わらず『無我の境地』の真似っこシステムは理解出来ないけどリョーマ頑張れ〜。跡部様の『氷の世界』も勿論理解出来てませんが。

2015/03/02

MERLI

黄金ペアは土壇場で「同調(シンクロ)」を会得したが一歩届かず、2-2のままシングルス1跡部VS越前の試合が始まる。王様と王子様、唯我独尊の二人、一体どちらに勝利の女神は微笑むのか─。跡部VS越前が中々白熱したカッコいい試合だ、と驚いている。

2019/05/20

exsoy

「同調」…ダブルスでゾーンに入ったって感じかなー。

2012/08/17

十六夜(いざよい)

大石&菊丸ペアが窮地に追い込まれ見せたのは”シンクロ”。互いの動きや思考を読み自然と同じ動きをするらしい。しかし汗も引くってどういう原理だ?最終戦リョーマ対跡部。跡部の死角攻撃に苦戦するリョーマだったが、手塚ゾーンに勝機を見出す。皇帝真田でも模写出来ない手塚ゾーン。実は樺地、凄かったんだね。

2014/02/12

感想・レビューをもっと見る