読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

テニスの王子様 36 (ジャンプコミックス)

テニスの王子様 36 (ジャンプコミックス)

テニスの王子様 36 (ジャンプコミックス)

作家
許斐剛
出版社
集英社
発売日
2007-01-04
ISBN
9784088742991
amazonで購入する Kindle版を購入する

テニスの王子様 36 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蝶よ花You

大好きな不二くんの正念場・・・なんですけどね。320話の表紙。以前、何巻かのメンバー集合表紙を見て、手塚・乾22〜3歳、桃21歳で良くないか?という話をしましたが、こちらは…。海堂21、手塚・乾28〜9,菊23,リョーマは年齢相応(笑)、バーニング31、桃25,ボーリング玉(笑)26歳あたりで良いんじゃないかと。そちらばかりが気になって、不二子ちゃんの感想が書けないという(笑)

2015/02/08

たべもも

★★★★☆。準決勝対四天宝寺戦・初戦シングルス、不二VS白石。似た感じの二人の対決。不二はエンジンかかるの遅いんですよ。やられ放題でびっくりしましたよ。

2015/03/02

りりす

・前巻の35巻まで感想を書いて、跡部と樺地のことばっかりだと気づきました。今も、「跡部って指にトゲ刺さったことなさそうだな」とか考えてます・不二くんが初めて(?)しがらみなく勝利に執着しています

2015/05/28

MERLI

四天宝寺VS青学が始まる、初戦シングルス3は不二VS白石。才気煥発の極みを発動させた千歳よりも要注意人物としてマークされていた白石、無駄のない完璧なテニスをする白石に対し不二は攻めあぐんでいた。ここで再び不二が勝ちへの執念を見せ、試合はもつれ込み始める─。おっかないわぁ白石の毒手。

2019/05/20

exsoy

不二はやはり天才だった

2012/09/07

感想・レビューをもっと見る