読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幻覚ピカソ 1 (ジャンプコミックス)

幻覚ピカソ 1 (ジャンプコミックス)

幻覚ピカソ 1 (ジャンプコミックス)

作家
古屋兎丸
出版社
集英社
発売日
2009-02-04
ISBN
9784088746395
amazonで購入する Kindle版を購入する

幻覚ピカソ 1 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒロ@いつも心に太陽を!

絵、うまっ(・Д・)!!特にスケッチ画、ほんとに上手いな。ピカソがスケブに鉛筆で描く、対象者の心象風景(心の闇)がとってもアートで、これ読むと作者の古屋さんて漫画家というより芸術家って言っていい気がする。絵が上手い上に、話も面白い。解説に「優れた作品には必ず毒が秘められている」とあったが、まさにその通り!この作品にもその「毒」の魅力が流れている。恐怖、残酷さ、エロティシズム。なるほどねー。

2012/06/09

ぐうぐう

古屋兎丸と少年少女は、とても相性がいい。精神世界を扱っているが、古屋が描くと、現実と心的世界の壁が曖昧に思えて、なんだか刺激的だ。主人公ヒカリが人の心を描いた絵の中に入っていくように、俺達もたちどころに古屋兎丸の漫画に溶け込んでいくかのようだ。

2009/02/26

ホルグルゥ

人の内面・深層心理を描き出すピカソの絵が、毎回毎回、息を呑む上手さ。その絵から、描かれた本人の悩みを解決したり助けたりする際には、割とヘタレなピカソ君ですが、ヘタレ故…な展開で、面白い。ペン画より鉛筆画が断然上手くて、もっと見たい。完結しているようなので、最後まで早く読みたい!。美術が好きな人にはオススメです。ピカソの絵はピカソより、ダリ寄りかな、なんて思いました。

2011/01/14

Yoko Yamaguchi

古屋兎丸さん、ずっと気になっていた方で、よくビレッジバンガードで推されてる、サブカルっぽい匂いの、とっつきにくそうな(全部褒め言葉!)漫画だと思ってましたが、結構ストーリー重視のとっつきやすいお話でしたね。ドラマにしてもいけるんじゃないかな? しかし、絵柄がジャンプ的なようなジャンプ的じゃないような。もやっとする!褒め言葉。

2014/03/14

ゆっき~

主人公ピカソこと葉村ヒカリは一度死んで生き返った。そしてそのまま生き続けるには人助けをすること。得意の絵を活かして、今日も闇を持つ人の心にダイブする。『ライチ☆光クラブ』を読んでから古屋先生の作品が好きになりました。話もノリも好きだし、スケブの絵(心象風景)がすごく綺麗。

2013/05/12

感想・レビューをもっと見る