読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

UNIFY Second Generation かずはじめ短編集 (ジャンプコミックス)

UNIFY Second Generation かずはじめ短編集 (ジャンプコミックス)

UNIFY Second Generation かずはじめ短編集 (ジャンプコミックス)

作家
かずはじめ
出版社
集英社
発売日
2009-04-03
ISBN
9784088746852
amazonで購入する

UNIFY Second Generation かずはじめ短編集 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

薙沢 ゆき

ダークヒーローもの。パターンといえばパターンなんだけど、やっぱり好き

2014/09/15

ピアス

久しぶりに風間と八紘に会えて良かった。キオはなんかちょっといつもとちがくてびっくり。

2010/01/12

やしろ

久々にかずはじめ作品を読んだ。明稜帝や、特にMAが好きだがあれは人の傷が話の核心になるので、『ふしぎ島のキオ』は誰も傷付かずノスタルジーを感じ、感心した。子どもには誰でも、大人には見えない世界が見えていて、小さな冒険をするものだ(ナルニア・押入れの冒険)。他は「いつものやつ」という印象なのに、この一話は見事。これだけで買って良かった。

2009/08/02

planetleica

1話目の風乱童子がいい感じ。僕らの夏休み的な「ふしぎ島のキオ」も童話チックで新鮮だった。

収録されてる4作品、どれもかずはじめ作品の持ち味が出てて面白いです。また、この1冊を読んで、『神奈川磯南風天組』のルーツがわかりました。その風天組2人のルーツである『風嵐童子』と『司鬼道士 仙堂寺八紘』は、中でも特に好きかも♪ 短編一作なんていわず、もっとたくさん、どうせなら続き物で、読みたかったなー。設定からして難しそうなのはわかるけど、コミック1冊分くらいの長さでいいから、連載やってほしいなあ…★(´▽`)

2009/04/08

感想・レビューをもっと見る