読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒子のバスケ 2 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 2 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 2 (ジャンプコミックス)

作家
藤巻忠俊
出版社
集英社
発売日
2009-07-03
ISBN
9784088747040
amazonで購入する Kindle版を購入する

黒子のバスケ 2 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エンブレムT

コメディなんだかシリアスなんだかわからない状態が続いておりますが、2巻目にして確実にキャラ読み率が上がりました!チームメイトの2年生が、集団でまさかのキャラ立ちですwそして「キセキの世代」2人目、緑間真太郎くんも・・・。1人目の黄瀬くんがモデル系の優しい美形なのに対し、彼はクールな眼鏡キャラ。リアカーに乗って登場し、妙なラッキーアイテムを抱えた、独特なしゃべり方をする男を果たしてクールと言って良いものか非常に悩むところですがw出来る男が、キャラ立ち過ぎて変な人の域に突入しちゃってる残念っぷりが楽しいです。

2013/01/10

645

練習試合は相手の油断や監督の怠慢等が影響し黒子・火神コンビと先輩の踏ん張りで勝利を手にした。たかが練習試合一回の敗北に涙するキセキの一人黄瀬のプライドの高さには驚いた。残りの四人の能力や気位は如何なモノか?興味深い。バラバラに進学した“キセキの世代”を惜しむ事なく、この時点で二人出すのはスピード感がある展開で良いし、都予選も始まった。本番の戦いでの“キセキの世代”の力とは一体…キセキの二人目NO.1シューター緑間が登場。黒子と火神の活躍とこれからの熾烈な戦いでこそ重要な先輩達の掘り下げを期待したい。

2013/10/19

蝶よ花You

どんなに影が薄かろうと、一番まともでカッコイイ事言うのは主人公と決まってるんです!な、今巻。クール…と言うか、ローテンションで意外と熱い事言ってくれるんですよね。熱い事言う熱いキャラはそこらじゅうに溢れているので、一緒に熱くなれる時もあれば、沸点が高過ぎて同じ熱量になれずに逆にこちらがシラけちゃう事もありますが、こういうスタンスで攻められると沸点が低いので、熱くなってからのスパンが長く、熱くなり続けられる。ローテンションの使い方が巧い!まだまだ熱量の上がり始め。長く上がり続けられそうな予感がします。

2014/07/14

まりもん

お父さんを倒して次は緑間だ〜。火神と黒子のパスまわしも好きだが、緑間の持ち歩くラッキーアイテムも好きだ

2013/03/01

PSV

ガッツリいき過ぎじゃねぇ!!?  ★★★☆☆

2012/05/04

感想・レビューをもっと見る