読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バクマン。キャラクターブック キャラマン。 (ジャンプコミックス)

バクマン。キャラクターブック キャラマン。 (ジャンプコミックス)

バクマン。キャラクターブック キャラマン。 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2010-12-29
ISBN
9784088748498
amazonで購入する

バクマン。キャラクターブック キャラマン。 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

johnta_rou

本棚整理。小畑氏のカラーは相変わらず綺麗!!キャラクターの相関図から詳細設定、連載作品紹介、巻末コメント掲載、神保町案内まで、充実な内容。座談会、お互いへ質問が面白かった♪カバー裏がPCPになってるのがお洒落!

2016/05/07

kanon

これも登録してなかったか。バクマン最初のキャラブックかな?大場さん小畑さんのインタビューが良い。大場さんの、作中キャラで一番似ているのは誰か、という質問で、川口たろう挙げてたのはもう…ねえ?しかし最高の作品を世に生み出してくれてありがとうございますとしか言えない。感謝。

2018/02/01

Dー

再読中…これは何回読んでも楽しい。かなり細かく書かれているので色々と発見があって面白かったです。巻末の「ラッコ11号」の話は吉田さんが登場しててふいたwwもうひとつのファンブックも読んでみたいです。

2015/08/20

マッコリ

バクマンキャラクターブック。いろんな企画があって読みごたえバツグン!作品に対する編集者の批評や巻末コメントなど凝ってて楽しい!ラッコ11号の漫画も読めて嬉しい。しかし平丸さんは会社員時代、どんな営業してたんだろ。

2011/02/12

JACK

☆ マンガ家を目指す物語「BAKUMAN」のキャラクター、作中作などを紹介する副読本。作者とのQ&A、登場人物による座談会や作中作「ラッコ11号」の小冊子付きなども面白い。一番良かったのはシュージンがデビュー前に用意したネーム「グラサンピッチャー」が描きおろしで全て掲載されていること。作中ではケガで失明した野球少年が父親と特訓してプロ野球選手になるというあらすじが紹介されていましたが、ネームで読んだら感動してしまいました。これだけでも買った価値がある。カバーはリバーシブルで、裏は作中作の「PCP」。

2011/02/06

感想・レビューをもっと見る