読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ホットマン (Vol.6) (ヤングジャンプ・コミックス)

ホットマン (Vol.6) (ヤングジャンプ・コミックス)

ホットマン (Vol.6) (ヤングジャンプ・コミックス)

作家
きたがわ翔
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088756844
amazonで購入する Kindle版を購入する

ホットマン (Vol.6) (ヤングジャンプ・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十六夜(いざよい)

ついに金子先生とエンゾーの夜のバイトが、学校にバレてしまう。自宅謹慎を命じられたエンゾーを励ますために、トーキの故郷沖縄へ一緒に旅行へ。沖縄の人が長生きだというのは有名だが、アレルギーが少ないというのは驚き。一度しか行った事ないけど、確かに全てが澄んで見えたなぁ。家の火事から休む事なく働き続けてきたエンゾー。心のリフレッシュは出来たのだろうか。

2018/12/16

読み人知らず

それが誰かにプレッシャーを与えることもある。

2007/05/16

千木良【comics only】

アル中の親を 持った子供 家に一人で 取り残されて ばかりいる子供 虐待を受けた 事のある子供 そういった子供達は 表面的には おとなびた 瞳の そのずっと奥で 置いてけぼりの 子供の心が 叫び声をあげている 俺には そんな気が するんだよ… | 世の中は 絶えず静かに 変化する 少しずつ 少しずつ 一時的に後退してる 時があっても きっと いつかは… いつかは みんな 幸せに――… | 忘れるというのは 死者への冒涜 なんかじゃない 生きてゆく 本能の強さって ヤツなんだ

2016/12/18

ブラフ

再読

2011/11/06

感想・レビューをもっと見る