読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

晴れゆく空 (ヤングジャンプコミックス)

晴れゆく空 (ヤングジャンプコミックス)

晴れゆく空 (ヤングジャンプコミックス)

作家
谷口ジロー
出版社
集英社
発売日
2005-12-19
ISBN
9784088770086
amazonで購入する

晴れゆく空 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

南註亭

発表誌を多少意識した画風ですが、内容的にはシビアなテーマでもあります。事故によって1つの肉体に2つの精神が同居する。肉体は高校生でありながら心は30代の男性。魂と魄の分離ということです。これはこれでとてもおもしろい設定ですが、本筋は「家族との絆」にあります。「地下鉄に乗って」や「リターン」を読んで良かったと思うひとにはぜひ読んでいただきたい1冊です。 オススメ度 ☆☆☆☆☆ 5つです。

2005/12/20

鳴蝉

谷口ジローさんの漫画は、読み終わった後に心に残るものがあります。しみじみと物語の余韻にひたれて、読んだ!という満足感があります。昔、読んだ時には感じなかったことを、今読んでみると分かる気持ちの変化は、大人になった(それだけ自分の経験が増えた)ということかなと思います。

2010/08/03

南註亭

久しぶりに数度目の再読。じつはこの作品、谷口ジローさんならではの、ハードボイルドでもあったりします。

2012/04/18

根木畑

再読。交通事故を起こしたお互いの身体と精神が入れ替わる(正確にはひとりの身体にふたりの魂が宿るというもの)という、フィクションではよくあるストーリーだが、この作品の場合、それは手段であり目的ではない。テーマは家族であり、死にゆく者がどうやったら心を残さぬようにできるかというもの。いやあこれ、以前読んだときは独身時代だったんだけど、結婚して子供もできた今読むとかなりヤバいです。涙腺崩壊しっぱなし! 入れ替わりネタっていう荒唐無稽なテーマを作者ならではのリアリズムを持って描写されていうところも読みどころです。

2011/12/30

東野圭吾「秘密」に痺れた方はぜひ。性別を入れ替えるとこんな感じになります。文章でやると多分表現できないニュアンスを見事に描いているのは谷口ジローならではでしょう。

感想・レビューをもっと見る