読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

BIOMEGA 2 (ヤングジャンプコミックス)

BIOMEGA 2 (ヤングジャンプコミックス)

BIOMEGA 2 (ヤングジャンプコミックス)

作家
弐瓶勉
出版社
集英社
発売日
2007-01-19
ISBN
9784088772110
amazonで購入する

BIOMEGA 2 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

arianrhod

超クール。一連の弐瓶作品との関連を探して読んでいます。全てを理解しようとするとモヤモヤしてきますが、世界観が好きでやめられない。今後、他の作品を含む設定資料を作者解説とともに公開してくれることを望む私です。

2020/02/08

HK

バトル描写のスピード感が凄まじい。

2016/08/14

大之介

よく分からなくなってきた・・・ クマさんまた登場。次巻も出てきたらいいな。

2015/04/11

645

只でさえ理解が難関な弐瓶作品、1巻を読んでからこの2巻を読み始める迄少し間が空いてしまった為、どんな話だったのかよく分からなくなった(笑)しかし、それは続けて読んでいてもそこまで違いは無い様な気もするので、このまま3感以降に進もうと思う。東亞重工の残党の存在やグリーンの行く末を注視していれば展開は自ずと飲み込めると思いますし、絵や台詞だけで見ても一冊単体で楽しめるのが弐瓶勉の凄い所だ。世界観は勿論、熊のグレブネフが魅力的だ。背景的に違和感MAXなのに話の根幹に関わるキャラで且つマスコット的(笑)

2014/10/31

耳丸

「ハチミツはあんまり・・・」って、ちょっと申し訳なさそうな熊(?)、コズロフ。

2014/06/25

感想・レビューをもっと見る