読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ソムリエール 3 (ヤングジャンプコミックス)

ソムリエール 3 (ヤングジャンプコミックス)

ソムリエール 3 (ヤングジャンプコミックス)

作家
松井勝法
堀賢一
城アラキ
出版社
集英社
発売日
2007-08-17
ISBN
9784088773155
amazonで購入する Kindle版を購入する

ソムリエール 3 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

><

初版2007年。こんなふうに、その人や過去に合わせてワインを選び、それがまた、その人に「このワインと出会えてよかった、、」と思ってもらえる。すごいことだと思う。

2018/01/11

ゆーしー

積みから読了。ワインに限らず物には色々なエピソードがあります。それが産まれた土地や歴史、関わった人達の物語。そういう話を聞くのは本来面白いハズなのに、なぜか語り手の話術一つで全然違ってしまう物なんですよね。主人公カナのワインのお話によって、登場する人達の人生は何故か大きく変わっていきます。カナのワインに対する情熱ももちろんだと思いますが、話の上手さってのも重要な要素だなと。うんちく(悪く言えばです!笑)をストーリーにしつこくない程度に織り交ぜる作者に脱帽ですね。

2015/03/27

島耕 作太郎

「この安ワインは、必死でひたむきだった頃の若さも情熱も思い出させてくれた。」そういう物語のある人生がすばらしいと思うし、そのときを思い入れのあるワインと迎えるのが、何とも粋で、シブい。テーブルワインは、収穫後6ヵ月で出荷される新酒の味わいを100とすると、出荷から1年経過で70、2年経過で40まで品質が低下する。いずれは、高級な酒を飲みたいとは思うが、そんなときに思い入れのある安酒があれば、より一層酒を楽しめる気がした。

2011/11/20

しぐ

会場にいた変な人は天才シェフか。天才とよばれる人までついてきちゃうとは、ワインの知識も使いかた次第か。

2018/01/10

Hitoki

楽天kobo無料

2016/06/30

感想・レビューをもっと見る