読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

孤高の人 3 (ヤングジャンプコミックス)

孤高の人 3 (ヤングジャンプコミックス)

孤高の人 3 (ヤングジャンプコミックス)

作家
坂本眞一
高野洋
新田次郎
出版社
集英社
発売日
2008-09-19
ISBN
9784088775227
amazonで購入する Kindle版を購入する

孤高の人 3 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

再び孤独の暗がりに沈む文太郎。以前と違うのは、向かう先に岩壁という行く先があることだ。そして悪魔のような顔をさた黒沢(笑)の真実が胸をうつ。不器用だからってグレちゃダメだよ、黒沢先輩。

2013/08/04

ちはや

電子書籍無料本。凍傷の前触れっていうの?あれ怖い。ジャーナリストと教師の先輩後輩。この先輩の過去は辛いなぁ。

2016/03/08

訃報

何の意味もない死。もちろん、メタ的に言えば何の意味もないということに意味がある。黒沢と大西の倫理を巡る戦いに、黒沢の語った美しい悲劇に、一体何の意味があったのか。山はすべてを消し飛ばす。人に価値などない。価値あるものなど何もない。悲観的な物語かと思っていたが、そんなレベルではなかった。虚無。この地点から始めて、何を語ろうというのだろう。何を語っても意味がない気がする。しかし、29ページの雪に寝転がった文太郎の笑顔はすばらしい。わかりすぎて辛い。

2014/10/24

蒼田 友

黒沢と大西。先生…。雲行き怪しい。

2015/11/12

exsoy

「俺、この山を登ったら結婚するんだ…」

2009/12/10

感想・レビューをもっと見る