読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SIDOOH ―士道― 20 (ヤングジャンプコミックス)

SIDOOH ―士道― 20 (ヤングジャンプコミックス)

SIDOOH ―士道― 20 (ヤングジャンプコミックス)

作家
高橋ツトム
出版社
集英社
発売日
2010-02-19
ISBN
9784088778105
amazonで購入する Kindle版を購入する

SIDOOH ―士道― 20 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

「月も望んでるようじゃ この乱世の終焉を」。幕末という動乱の時代にあってさえ、高橋ツトムにとっては、漫画を描く舞台として小さな器なのかもしれない。変えられぬ歴史を、高橋の熱情が、ギシギシと軋ませる、その音が心地いい。

2010/02/19

きのと

なんかどうにも話が断片的と言うか

2020/07/22

園宮

瑠儀がそもそもファンタジーやねんけど、瑠儀の何でも知ってる、出来る、大物感が半端なし。西郷さんが小さく見え過ぎ。リャンと西郷さんの出会い。リャンが西郷さんを大事にする理由がちゃんとあった。忘れてたわ。。そして、源ちゃんつっぱしり過ぎ(笑)それでこそ、やねんけど。

2015/10/20

★★★

2010/03/04

ma2ma2

このマンガの龍馬はあっけなく幕切れ。兄弟はやっと瑠儀に追いついたけど、見通しはまだ暗いか。

2010/02/19

感想・レビューをもっと見る