読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

テラフォーマーズ 2 (ヤングジャンプコミックス)

テラフォーマーズ 2 (ヤングジャンプコミックス)

テラフォーマーズ 2 (ヤングジャンプコミックス)

作家
橘賢一
貴家悠
出版社
集英社
発売日
2012-08-17
ISBN
9784088793962
amazonで購入する Kindle版を購入する

テラフォーマーズ 2 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kanon

やはり前巻は序章に過ぎなかった。でも確実に大事な情報ばかりで、それらをふまえて、再びテラフォーマーとの戦いは始まる。ジョジョではないけど、世代は継がれていくのだ。血統は継がれていくのだ。先代からの情報が無ければまったくもって歯もたたなかっただろう。前の巻で、展開が早いな~と思ったら単巻で一応完結して、そのときのキャラクター達は使い捨て(まあ何らかの形で登場するキャラもいるけれど)。そしてこの巻からは更に多くの新キャラクターが登場する。多分メインキャラたちになっていくだろうこの世代が。次巻もノンストップ!

2013/06/23

流言

一巻のようなインパクトのあるカタルシスを想像していたので肩透かしの印象を受けたが、その分最後の数ページの駒が鮮烈。小松と一郎生きてたんだね! ハードな展開からして、口封じに抹消されているかと思っていたけど大手を降って歩けるような立場にいてなにより内容は長い死亡フラグと設定、世界観についての描写がメインで、前回はでは描写がしきっれていなっかったポイントにも解説が加えられている。グランメキシコ組、燈、ミッシェル、ドイツ組と登場した若者たちが楽しみな反面、3巻ではいつの間にか頭が飛んでいそうな緊張感が心地よい。

2013/03/09

exsoy

さすがゴキブリ、どこにでも出てくる

2014/03/29

naji

小吉さん生きてたんだ!?新章突入って早っ~。でも楽しみ、各国の思惑とかがありそうで・・・。

2014/02/15

momogaga

積ん読解消。SFのテーマとして魅力的なテラフォーマーズよりは、アクションに力点が置かれていますね。

2019/12/14

感想・レビューをもっと見る