読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ZETMAN 18 (ヤングジャンプコミックス)

ZETMAN 18 (ヤングジャンプコミックス)

ZETMAN 18 (ヤングジャンプコミックス)

作家
桂正和
出版社
集英社
発売日
2012-11-19
ISBN
9784088794365
amazonで購入する Kindle版を購入する

ZETMAN 18 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sidebell(=^□-□^)ノシ←横鈴

作者頑張ってるわ〜 ストーリーの構成・スピード・画力三拍子揃ってますね〜 読者を惹きつける展開で目が離せない 灰谷は復活して覚醒した姿が美しい いんぜんの姿はウルトラマンのゼットンみたいです(笑) 完全に主役を喰ってますね そしてラストの件…花子!オイオイ 以下続刊

2012/12/19

何事にも全力で

この巻で、なんとなくだけど1巻の冒頭にどう繋がっていくのかが見えてきた気がする。それにしてもエンヴィルとデゼルのデザイン良いな。フィギュア欲しい。一番欲しいのはアルファスだけど。

2012/11/19

645

徐々に一巻のカラー絵の場面へと道筋が見えて来た感じ。灰谷の存在は話を面白くしている。かなり引っ掻き回された中でもジンは自我を保つ事が出来たのと対照的に高雅は自身の視界は狭まり崩壊へと向かっている。そんな高雅の“正義感”が歪みゆく描写が印象的だった。花子はどうなってしまうのか…。この漫画極端に救いがない気がする。闘ってる当人達然り女性陣も。周りの一般人の反応を見ても限られた者の間で行われている戦いというのは物悲しさがあるなぁ。ジンVS高雅(歪んだ正義)は早く見たい。忘れている部分もあるし読み返すべきか。

2012/11/21

ゆーざき

相変わらず画だけも見れるぐらいの画のクオリティ。デザインに寺田克也や竹谷隆之を起用しているだけあってエボルのデザイン性はピカイチ。ここに韮沢靖の他、篠原保も加わったらもう完全に平成ライダーシリーズを支えたクリーチャーデザインのお祭り状態。ストーリーとしてはジンと高雅が交互にフィーチャーされるという繰り返しが少しダレてきたように思う。ジンのパートに比べて高雅のパートはスケールが小さく見えてしまうし、いまいち対立軸としては成立していないようにも思う。高雅がもっとキャラ立ちしてきたら面白くなる…かも。

2012/11/26

denz

アニメで大体の流れをやってしまっていたので、展開はわかっているのだが、灰谷の悪さはより際立っていて、まさに「カリスマ」。しかし、早見はどうなってしまってるのだろう。

2012/11/21

感想・レビューをもっと見る