読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君とガッタメラータ! 3 (ヤングジャンプコミックス)

君とガッタメラータ! 3 (ヤングジャンプコミックス)

君とガッタメラータ! 3 (ヤングジャンプコミックス)

作家
松橋犬輔
出版社
集英社
発売日
2013-08-09
ISBN
9784088796468
amazonで購入する Kindle版を購入する

君とガッタメラータ! 3 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

knt_mzsk

信じられない事だが3巻で打ち切りらしい。編集部はバカか。確かに最初に読んでもらうためのフックは非常に弱い。タイトルもデッサン経験者じゃないと意味不明だし、それぞれの巻の表紙もキャッチーさに欠けると思う。でも中身は本当に良かった。これを読んで貰えるように頑張るのが編集の役割であって、打ち切るとかアホか。こんな半ばで。主人公と指原の関係好きだった。いいコンビで、タイプが違う二人の素晴らしい友情だった。二人で芸大合格するまで読みたかった。回収してない話も多いし、強く連載再開を希望します。

2013/08/17

田中@甘口漫画レビュー

読み終わっても全く気付かなかったが最終巻。熱い美大予備校作品で、最後の展開は泣けた。目標に向かって努力すること、人の心、技術だけじゃ足りないもの、デッサンを通じて様々なことを感じさせてくれた。まだまだ続けられた作品だけにもっと読みたかったです。

2013/08/16

戸川 純子

打ち切りなのか。。完全に尻切れトンボで残念。どのあたりでそういう事情になったのかわからなかった。物語は怪我が多すぎ!痛い痛い!みんなそんな簡単に人の顔を殴っちゃだめだよーーー平手もダメよ!

2013/10/01

ゐわむら2なつき

肩岡くんは凄いよ。いやもちろん指原くんも凄いんだけども。芸大の先端受けたときの記憶が蘇ってきた。一次のデッサンはラッキーが重なって通ったけど絵のことばかり考えてはいなかったから、ここまで努力できるのは羨ましい。大手予備校には講習でしか行かなかったから内情はよく知らないけど、こんな熱い人がいたら楽しそうだろうなぁ。いや実際は大変だけど。えっ、てか感想書いてる途中できづいたけど、これで終わり!?入試まで描いてくれないの!?続編を切に希望しますよこれは!!

2013/09/08

AKa

スカイツリーから口にくわえた鉛筆へ……ついに下心が消え、デッサンで絶頂に達する進。色彩編や粘土編、そして受験編が見たかった。

2013/08/31

感想・レビューをもっと見る