読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス)

孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス)

孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス)

作家
岩岡ヒサエ
出版社
集英社
発売日
2014-06-10
ISBN
9784088798509
amazonで購入する Kindle版を購入する

「孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス)」の関連記事

Hey! Say! JUMP有岡大貴、高木雄也、八乙女光出演『孤食ロボット』は、お節介なアンドロイドが巻き起こす優しい物語

『孤食ロボット 1』(岩岡ヒサエ/集英社)

 6月20日から日本テレビで始まった新深夜ドラマ「孤食ロボット」。Hey! Say! JUMPの有岡大貴、高木雄也、八乙女光の3名が主演となり、心もお腹もいっぱいになる温かいストーリーが展開され、ほっこりした視聴者が多かったはず。「えっ!? 見てない!」と、うっかり見逃してしまった方のため、原作である『孤食ロボット 1』(岩岡ヒサエ/集英社)をご紹介したい。

 ある日、デザイン会社に勤める30歳独身OL高木希巳(たかぎのぞみ)のもとに宅配便が届く。発送元は高木の行きつけの飲み屋。その飲み屋で貯まったポイントでプレゼントを贈ってもらったのだった。どんなプレゼントだろうかと期待せず開けてみると……中にはそこそこ大きなフィギュアが。無言でフィギュアを持ち上げ、「いらね」と投げ捨てた高木。しかし次の瞬間、フィギュアが「いらねとか言わないで下さい」と泣き出した。

 奇妙な格好をしたフィギュアは自己紹介を始めた。「ボクは○×フードカンパニーから派遣されました。お客様に合った外食やご家庭での食事を案内するアンドロイドです。…

2017/7/3

全文を読む

関連記事をもっと見る

孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

cozicozy

岩岡ヒサエさん作品は、初めてです。表紙に心惹かれて読みたい衝動を抑えることができませんでした。(笑)購入後、cafeにて読み進めました。たまたまポイントが3000ポイント貯まり、単身者であった方が食事券ではなく、プレゼントを選択したことから物語が紡がれてゆきます。現代は、外食、お惣菜とお金を対価にあらゆる食を手にすることができますが、偏りがちな食生活となります。>>コメントへ続く

2015/09/09

せ〜ちゃん

★★★★

2017/08/02

emi*

孤食?ロボット?と、新刊情報をみたときはハテナマークばかりでしたが、表紙絵をみて、すっかり魅了され購入です。ロボットといいつつアンドロイドなの?なんとも可愛らしい風貌。単身者のところにしか行かれないのね。個人情報をもとに、その人その人に合ったキャラのアンドロイドが^^白和えの話に深く頷いてしまったなー。料理って、やってみないとその大変さと面白さがわからないよね。小松菜のお話も好き。二巻に続くのかな。楽しみです。

2014/06/11

しょむ研(水野松太朗)†選挙マニア!?

外食チェーンで3000ポイント貯めると交換してくれるアンドロイド。彼らは単身者の家に住み着き、持ち主に食のアドヴァイスをする。但し彼ら自身は料理を作らず、持ち主に作らせるように持っていく。  読んだら不思議な気分になる飯漫画。ドラマ化もされてます。

2018/04/27

おれんじぺこ♪

読友さんからお借りした本。飲み屋のポイントを3,000P貯めると交換できる、人間臭い(笑)アンドロイド。可愛いけど切ないお話だった…。やっぱり、ご飯を食べるときは誰かと一緒がいいね、あれこれご飯に関係あること、ないことを喋りながら食べるって大切だね。それが大好きな人と一緒だったらもっといい♪

2014/07/20

感想・レビューをもっと見る