読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒子のバスケ 26 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 26 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 26 (ジャンプコミックス)

作家
藤巻忠俊
出版社
集英社
発売日
2014-03-04
ISBN
9784088800257
amazonで購入する Kindle版を購入する

黒子のバスケ 26 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エンブレムT

重かった過去編が終わって、いよいよWC決勝戦!ってとこなんだけど・・・何?この、試合に赴く誠凛高校の選手1人1人が挿入されてくるという描き方は!!連載が長く続いたスポーツ漫画の最終巻とかで見たことあるんだけど!?もしかしてvs洛山高校がラスボス戦ってこと?え、私、もっとこの物語を読んでいたいんだけど。誠凛勝ったら、赤司と和解したら、即最終回??・・・ならば!!ってことで、この巻は洛山高校を応援してしまいました(笑)ってか、なんかもう赤司に関しては、勝っても負けても『あの赤司様』なままで良いと思いますw

2014/04/28

くりり

黒子の帝光編がおわり、ついに洛山との決勝戦!だが、黒子っちがピンチ!!しゃれこうべの呪いにより、イグナイト貝に!?、青子っちに!? (笑)

2014/03/06

exsoy

WC決勝戦。序盤これだけ良い要素ばっかりあるのに止められるってことは…

2014/03/07

蝶よ花You

読まれた火神と残酷な事実を突き付けられた黒子。赤司の眼がある限り火神のこの現状は予想が付いていた事だし、黒子の存在感についてもすでに色んなところで伏線が散りばめられていた。と、明らかにわかっていた事なのに、その現実を突き付けられた火神や黒子を見ると…胸が痛むし、やるせなさがありますね。絶体絶命のピンチで次巻へ、とかどんだけのドS!Σ( ̄□ ̄;)いくらドMな人間でもヘコタレますわ←なんの話だ(笑)。もう次読むしかないじゃない!

2014/07/21

ふかborn

何を書いてもネタバレになりそうで嫌だなぁ。前巻の暗さから一変、終始ニヤニヤ…。解説要員として全員集合で、灰崎君は!?灰崎君はどこ?って探してしまった。決勝戦がラストよ~的な描き方の中に、緑間君と黄瀬君の会話が連載延長の希望の光に見える…。展開は予想通り。降旗君が気付く前に青峰君とリコが思わせぶりな事を以前言ってましたよね。

2014/03/07

感想・レビューをもっと見る