読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス)

作家
空知英秋
出版社
集英社
発売日
2015-04-03
ISBN
9784088803289
amazonで購入する Kindle版を購入する

銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

英知@マンガ専用

ずっと知りたかった銀さんや高杉が松陽先生と過ごした時間。高杉がどうして銀さんにそこまで敵対しているのか、その想いをやっと知ることができ、ただひたすら泣きました。銀さんが一番ツラかったんだね。高杉もそれを分かっているからこそ尚更悲しいです。今は見えない左目で最後に見た光景が、銀さんの涙とかもう泣くしかありません。拳で語り合い、少しでも想いがまた通じあったと思いたいですね。2人の共闘が見れて良かった。ただ最後・・・将軍!嘘だと思いたいけど、予告を見る限り希望はないのか。しかも近藤さんも斬首って!次も泣きそう。

2015/10/13

樺こつん

銀さんの過去、辛い。

2015/04/06

眠る山猫屋

過去と現在を往還しながら、高杉と銀時の死闘は続く。師・吉田松陽の死の真相と、決着のつけられない想い。一冊まるまるハードな内容だった。そして夜明け前が一番暗い・・・。まだまだ銀魂シリアスパートは続きそう。

2017/03/16

すい

桂も含めた3人の松下村塾時代のエピソードが良いだけに、その後に待ち受ける運命が残酷に思える。一番辛い役目を負った銀時と、負わせた高杉と桂。その負い目が高杉を破壊行為に向かわせたんだろうか。桂は全てを受け入れられたけれど、銀時と高杉には無理だった。そういうことなのかな?それにしても喜々の小物感がハンパない。将ちゃん、カムバーーック!!

2016/02/05

伊島

なにこの衝撃の過去…今も思いだし泣きするんだけど。紅桜篇でのヅラの台詞がここに繋がるのかあ…もうくだらないギャグだらけの回には戻れなそうですね…。毎回泣くよう。でもちょいちょいギャグコマいれてくるから泣き笑いする(笑)ヅラとおにぎりとか、沖田が土方さん燃やすとことか。そもそも質問コーナーに自分で送るなよ笑うだろ

2015/04/04

感想・レビューをもっと見る