読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス)

作家
堀越耕平
出版社
集英社
発売日
2015-08-04
ISBN
9784088804491
amazonで購入する Kindle版を購入する

「僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス)」の関連記事

『ヒロアカ』の轟焦凍は、右手で凍らせ、左手で燃やす。科学的にスバラシイ奴だ!

『空想科学読本 滅びの呪文で自分が滅びる!』(著:柳田理科雄、イラスト:近藤ゆたか/角川文庫)

 魅力的なキャラが続々出てくる『僕のヒーローアカデミア』だけど、なかでも心惹かれるのが轟焦凍だ。

 オールマイトに次ぐ№2ヒーロー・エンデヴァーを父に持つ轟焦凍は、雄英学園に特待生として入学した。もちろん成績は優秀。だが、彼には深い影がある。  焦凍の“個性”は、半冷半燃だ。右手であらゆるものを凍らせ、左手からは灼熱の炎を出すことができる。この両極端な能力は、それぞれ母親と父親から受け継いだもの。どうしてもオールマイトに勝ちたいエンデヴァーが、氷を出す“個性”の女性と強引に結婚し、計画どおり半冷半熱の焦凍をもうけたのだ。  オールマイトを超えるヒーローになるべく、彼は英才教育を施されるが、この状況に母親は心を病んでしまった。焦凍の左の顔には火傷の跡があるが、精神的に追い詰められた母親が、彼の左顔に煮え湯をかけたときのものだという。

 う~む、ツラい家庭環境である。そんな焦凍くんに、人生の先輩としてワタクシに言えることは……と考えてみたけど、何一つありません…

2018/9/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

僕のヒーローアカデミア 5 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どんぶり

面白い!前巻までは割と「まぁ面白いかな…」みたいな、心からの面白さは感じてなかったんですね、本音を言うと。でもじわじわ来るこの面白さが今巻にて弾けました!笑 毎巻読む度に凄く丁寧な作風が伝わってくるんですけど、連載するということに慣れてきて、雑な作風にはならないで欲しいなと思います。いつまでも変わらない愛を注いで連載してほしいというか…はい(笑)特に今回そう感じたのは、轟くんの抱える闇とそれに抗う姿、デクの個性の進歩のペースなど。そんな中かっちゃんが全く変わらない横暴さを持っているのがグッドですね。

2015/08/09

exsoy

ヒーロー、殺すべし!

2015/09/09

kanon

色々と詰まってて本当に物語の”濃さ”が半端では無い。あとがきに、元々の体育祭の構想の話数が書いてあったんだけど、無理に決まってる笑 というか、引き伸ばしたであろう実際に書かれた体育祭でさえもめちゃくちゃ濃厚なのだから、端から無理な話だったのだ。「休め振替休日」の穏やかさも個人的には好きである。あんなにめちゃくちゃな爆豪でさえも、帰る家があって、少なくとも怒られるお母さんというものがいるのだと知ると、物凄い温かい気持ちになる。表彰式で暴れてる姿とか見ながら、ま~たこの子は…みたいなこと思ってるんだろうなあ。

2015/08/17

流言

いつかじゃなく今。『僕のヒーローアカデミアが来た!』という気概を感じる。長く引っ張るのかと思った轟くんの家庭問題を早くも取り上げるスピード感に、出し惜しみをする気はないという覚悟を感じる。生徒たちが自分の精一杯を試みる中、蓋然性のある形でストーリーをまとめる作者の力量は流石。轟くんや麗日さんたちの家族登場も多くはない紙数で驚くほどにキャラクターが深まる。轟くんのお姉さんは一緒に暮らしているんだね。体育祭なのに上級生の出番が全然なかったのが残念だったのでまた高校生らしいイベントがある時に登場したらいいなあ。

2015/09/12

niwaniwatori

親子関係のこじれが解決したわけではないし、迷いが晴れたわけでもないけれど、確かに最初の一歩を踏み出した。オリジンの名を関するにふさわしい、原点の物語。ヘンに一足飛びを求めるばかりが少年の成長ではない、小さくても確かな一歩こそが大切だということもある。そんな話。でもこの巻の個人的ハイライトは、かっちゃんの「どこがか弱ェんだよ」の一言のほう。これ以上ないくらい最高の賛辞じゃないか。

2016/02/06

感想・レビューをもっと見る