読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カガミガミ 2 (ジャンプコミックス)

カガミガミ 2 (ジャンプコミックス)

カガミガミ 2 (ジャンプコミックス)

作家
岩代俊明
出版社
集英社
発売日
2015-08-04
ISBN
9784088804514
amazonで購入する Kindle版を購入する

カガミガミ 2 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

歩月るな

お騒がせな慚鬼丸が仲間になって良かった。こういう仲間の増え方は久し振りに見た気がする。良いキャラをしている。一緒に強くなろう。ギャグ要員ぽかったけど、絆の力で強くなるのだろう。月輪さんはと言えばこの見た目で読書好きな子というのがまた来る。でも本を投げるの怖い。しかしファンタジー以外には何を読んでいるのだろう。場合によってはマコさんと趣味までは合わないまでも何となく話は合いそうな気がするのだが。そして共に修行したライバルの開斗の登場。人が触れる温度まで調節できる、あったかいコダマ。

2015/11/19

MamaxKoko

色んな式神使いがいて面白い。慚鬼丸がイイ味出してた。

2015/08/20

新天地

前半は慚鬼丸がとにかく良いキャラ。こういう夜の学校でゆるいオカルトみたいな方面の話も好き。しかし後半まるで前作『PSYREN』のようなクライシスに。この緩急がまた良い。「僕はこの生き方しか知らないから」という恭介からはその決意がうかがえるが、美好探偵事務の仕事や学校の友達に触れていろいろは生き方を知って欲しいものだ。

2015/08/18

伊島

やっぱり岩代さんのマンガすき。イカれた敵キャラが上手い。金巻くんみたいなキャラ岩代さんぽいなー!そしてマコちゃんの勢いだけで生きてる感じ好き!岩代さんの絵も大好き特に手がいいですよね。

2015/08/10

紫雲寺 篝

新たな仲間が加わり、親友も登場、ホローラビットの企みが一気に爆発する2巻。キャラがちょくちょくしか出てこないけれど、それぞれに持ち味があって先が楽しみになる。今回は親友の皇開斗がキーパーソンになっている。努力家でありつつエリートの道を行くなんともかっこいいライバル。互いに認め合う所、努力家でありつつ才能型でもあり才に溺れない辺り、キャラクターとして彼らを嫌いになれない。どのキャラクターも魅力的なのに対し、敵キャラが効果的に怖い。とにもかくにもテンポの取り方が場慣れしているだけあって巧く、引き込まれる。

2015/08/08

感想・レビューをもっと見る