読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

学糾法廷 3 (ジャンプコミックス)

学糾法廷 3 (ジャンプコミックス)

学糾法廷 3 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
榎 伸晃
出版社
集英社
発売日
2015-08-04
ISBN
9784088804668
amazonで購入する Kindle版を購入する

学糾法廷 3 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yobata

白鳥麗子殺人未遂事件,赤鬼の正体の完結。白鳥さんの事件では最後の三舌・喜嶋ゆいの登場。凄い女王様然としてるなw容疑者としててんとが逮捕されるもアバクと離れてても信じあう二人…だけどいつからこんな信頼し合える仲になってたんだw?まぁ終わりに合わせて何だろうけど…。謎に包まれた赤鬼の仕業だと思われた事件だったけれど、全ては不運な事故が連続に重なり、皆どこかに罪悪感を持っていたために隠してしまったために起こった事件。事件の出来は良かったけど、本当の鬼は心の中にいるってオチはなぁ…。そして明かされる赤鬼の正体は→

2015/08/04

読み人知らず

最終巻でした。話というか謎がこどもっぽすぎた。コロコロが適切だったなー。

2015/09/29

白黒杏仁

赤鬼の正体。血の学級会の謎も解明されて学生の区切りである卒業で物語は終わり。心を守るためにあえて送った。手段としては良いとは言えないけど三人が恨まないでくれたのは嬉しい。四人目も孤独を越えて辛い思い出だけど思い出として語れる瞬間が来てよかった。ハッピーエンド!!

2016/05/19

緋莢@感想お休み中

飼育小屋で白鳥麗子が頭から血を流して、倒れているのが発見される。命に別状はないものの、意識不明で病院に運ばれた。飼育小屋は密室で、鍵を持っていた七星てんとが容疑者となる。暴狗がてんとの弁護をつとめる事になるが、その前に検事として“三舌”の一人・喜嶋ゆいが立ちはだかる!

2015/08/13

iris

もうちょっと続いて欲しかったけど、綺麗に纏まって終わっていたので、これで良かったんだろうなぁと思います。キャラもネタもこれだけで終わってしまうには勿体ないかなと感じるくらいには、割りと良く出来ていたと思うので、作者さんの次回作に期待といったところでしょうか。突っ込みどころもあるでしょうが、個人的には楽しませていただいた漫画でした。小畑先生には近い内にまた連載して欲しいなぁ…

2015/08/12

感想・レビューをもっと見る